財政状態の厳しい大学はどこ?

解散命令や募集停止など追い詰められる大学も

創造学園大学などを傘下に持つ群馬県高崎市の学校法人堀越学園に対し、解散命令を出すことを文部科学省が検討している。学校運営に必要な資金や財産がない、教職員に給与が支払われていない、などの法令違反があるためだ。2012年10月12日、大学設置・学校法人審議会に諮問。答申が出された後、最終判断が下される。これまでにも学校法人への解散命令は3度出されているが、いずれも学生のいない休眠・閉校状態の法人。創造学園大学にはおよそ200人の在学生がいる。学生のいる学校法人に解散命令が出されれば初めてのケースとなる。

また、東京都町田市にある東京女学館大学を運営する学校法人東京女学館は、来年度の学生募集を停止することを5月に公表した。02年の開学以来定員割れが続き、今年度は定員充足率が6割を切り、経営が悪化しているためだ。

次ページ私学助成の減額が打撃
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT