財政状態の厳しい大学はどこ?

解散命令や募集停止など追い詰められる大学も

創造学園大学などを傘下に持つ群馬県高崎市の学校法人堀越学園に対し、解散命令を出すことを文部科学省が検討している。学校運営に必要な資金や財産がない、教職員に給与が支払われていない、などの法令違反があるためだ。2012年10月12日、大学設置・学校法人審議会に諮問。答申が出された後、最終判断が下される。これまでにも学校法人への解散命令は3度出されているが、いずれも学生のいない休眠・閉校状態の法人。創造学園大学にはおよそ200人の在学生がいる。学生のいる学校法人に解散命令が出されれば初めてのケースとなる。

また、東京都町田市にある東京女学館大学を運営する学校法人東京女学館は、来年度の学生募集を停止することを5月に公表した。02年の開学以来定員割れが続き、今年度は定員充足率が6割を切り、経営が悪化しているためだ。

次ページ私学助成の減額が打撃
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。