財政状態の厳しい大学はどこ?

解散命令や募集停止など追い詰められる大学も

創造学園大学などを傘下に持つ群馬県高崎市の学校法人堀越学園に対し、解散命令を出すことを文部科学省が検討している。学校運営に必要な資金や財産がない、教職員に給与が支払われていない、などの法令違反があるためだ。2012年10月12日、大学設置・学校法人審議会に諮問。答申が出された後、最終判断が下される。これまでにも学校法人への解散命令は3度出されているが、いずれも学生のいない休眠・閉校状態の法人。創造学園大学にはおよそ200人の在学生がいる。学生のいる学校法人に解散命令が出されれば初めてのケースとなる。

また、東京都町田市にある東京女学館大学を運営する学校法人東京女学館は、来年度の学生募集を停止することを5月に公表した。02年の開学以来定員割れが続き、今年度は定員充足率が6割を切り、経営が悪化しているためだ。

次ページ私学助成の減額が打撃
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。