メイ新首相に残された英国唯一の「存続策」

選ぶべき道はひとつしかない

就任演説を行う英国のテリーザ・メイ新首相 (写真: ロイター/Toby Melville)

原文はこちら

英国ではメイ新首相が誕生したが、国民投票で有権者が選択したEU(欧州連合)離脱の後の姿はなかなか見えない。離脱を実行するには時間を要しそうだ。

離脱に向けては不明確な要素がいくつもある。1つは交渉を始める時期である。加盟国の離脱手続きを定めたEU基本条約(リスボン条約)50条によると、英国が通知してから2年以内に離脱手続きを完了させなければいけない。メイ新首相は今のところ、年内に交渉を始めるつもりはないと公言している。

2つ目は英国とEU加盟国間で、将来の貿易協定をどうまとめるかだ。英国は同50条に基づき、離脱交渉において「英国とEUの今後の関係に関する枠組みを考慮すべき」と訴えるだろう。しかしEU側は貿易協定について、英国の離脱後に協議に入ると主張している。

3つ目は交渉の目標をどこに置くかである。単一市場への完全なアクセスを求めるのか(ノルウェー型)、限定的なアクセスを求めるのか(スイス型)、あるいは低関税オプションを模索するか(カナダ型)。WTO(世界貿易機関)ルールに沿ってEU諸国と貿易する道もある。

選択肢としては「ノルウェー型」が有力

不透明要因はまだ残る。労働者の移動の自由について、英国がEUとの貿易協定にどの程度盛り込むかも課題だ。メイ新首相はすでに「移民を管理するルールを盛り込まない貿易協定は受け入れられない」と表明している。

諸々の状況を加味すると、英国の選択肢として有力なのは、ノルウェー型オプションを基に特別なセーフガード条項などを導入し、移民が急増した場合に制限できるようにすることだろう。しかし、こうした特別扱いをすれば、他のEU加盟国からも同様の要求が相次ぐ懸念がある。EU側の同意を引き出すのは容易ではないはずだ。

次ページ連合王国は生き残れるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。