徳洲会、日本最大の医療グループに走る激震 二男の政務官辞任に続き、徳田虎雄ファミリーと側近が内紛

拡大
縮小

徳洲会グループには、税制的に優遇された特定医療法人や社会医療法人もある。特に社会医療法人は、救急医療、災害医療、僻地医療、小児医療など地域において必要とされる公益性の高い医療法人であり、出資持ち分(私的財産所有権)の放棄、役員の同族支配の制限および同一団体関係者の制限、役員に対する報酬等の支給基準の明確化など要件があり、税金面でも、医療保健業のうち本来部分にかかる法人税が非課税、医療保健業のうち指定された一部事業にかかる固定資産税も非課税となるといった優遇措置がある。つまり、私物化は許されるものではない。

神奈川県鎌倉市にある湘南鎌倉総合病院

そもそも、創始者の徳田虎雄氏は、徳州会グループのホームページで、「私は新設病院は金儲けではなく、医師不足で苦しむ離島や癖地に医師を送るために必要だと考えます。徳洲会の原点である離島・僻地医療を維持・発展させるために、都市部の病院に協力させる体制を、万難を排してつくるつもりです。離島・癖地の医療と途上国の医療を、やり抜く覚悟です」と表明。さらに、「人間として『弱きを助け、悪しきをくじく』が原則。生きていること、人のために働けることに感謝してほしい。弱っている人を助けるために、しっかりと理念に基づいた行動をしてほしい」とある。

「弱気を助け、悪しきをくじく」こそ守るべき

この理念こそ、守るべきものであり、継承されるべきものだ。日本最大の医療法人、徳州会グループには約2万7000人が働いている。それだけでなく、何よりも重要なのは、医療を受けている多くの患者がいることだ。

能宗氏は処分理由の書かれた聴聞通知書について、「捏造と思われる話が多すぎるので、正面から回答した。併せて引き続き社会に貢献できるように将来の徳洲会の在り方も提言したが、これもきちんとと検討されていないようだ」と話す。徳洲会グループは5日夕方にも湘南鎌倉総合病院で理事会、13日には社員総会を開き、能宗氏の懲戒解雇を決定する見込みだ。東洋経済は引き続き、徳州会グループについて調査報道を続けていく。

木村 秀哉 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

きむら ひでや / Hideya Kimura

『週刊東洋経済』副編集長、『山一証券破綻臨時増刊号』編集長、『月刊金融ビジネス』編集長、『業界地図』編集長、『生保・損保特集号』編集長。『週刊東洋経済』編集委員などを経て、現在、企業情報部編集委員

この著者の記事一覧はこちら
倉沢 美左 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

くらさわ みさ / Misa Kurasawa

米ニューヨーク大学ジャーナリズム学部/経済学部卒。東洋経済新報社ニューヨーク支局を経て、日本経済新聞社米州総局(ニューヨーク)の記者としてハイテク企業を中心に取材。米国に11年滞在後、2006年に東洋経済新報社入社。放送、電力業界などを担当する傍ら、米国のハイテク企業や経営者の取材も趣味的に続けている。2015年4月から東洋経済オンライン編集部に所属、2018年10月から副編集長。 中南米(とりわけブラジル)が好きで、「南米特集」を夢見ているが自分が現役中は難しい気がしている。歌も好き。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT