急伸freeeには人材が集まる仕掛けがあった

伸びる会社にはワーク・ルールズがある

――しかし、そうしたインセンティブは長続きしませんよね?

そうですね。だから重要なのは、今いる社員にこの会社で働くことが楽しい、意義のあることだ、と考えてもらうことです。そうでなければ紹介をしようとは思いませんよね。実は6月に従業員満足度アンケートを実施したのですが、95%の人がこの会社を誇りに思ってくれていました。匿名アンケートであったにもかかわらず、です。この従業員満足度の高さがfreeeの採用力に直結していると思います。

――社員は何を魅力に感じているのでしょうか。

freeeはテクノロジーの力で起業家や中小企業の経営を革新していくお手伝いをしている。その点で社会的な意義があるもので、これを私たちは「ムーブメント」と呼んでいるんですよ。多くの30代の転職者は「子供に誇れるような仕事をしたい」と言って転職してくる。子供に誇れる仕事、というのは重要なキーワードかもしれません。

新卒採用も重視しています。新卒とはいいながら通年で採用をしており、内定を持っている学生が、その内定を蹴ってfreeeに来る、という例もたくさんあります。だいたい1年前に就職先を決めてしまうのはおかしいと思うんですよ。その間にいろいろと変わりますし…。入社した新卒は本当に優秀でバイアスなく、まっすぐ育っている感じ。活躍しているメンバーが多いです。

「マネージャー」ではなく「ジャーマネ」

――新しいメンバーを受け入れるビジネスユニットにおけるマネージャーの役割も重要ですね。

freeeでは、芸能界と同様に、チームを率いるマネージャーのことをジャーマネと呼んでいます。タレントの世界では、主役はタレントであってマネージャーの役割はそのパフォーマンスを最大化するように支えること。それは企業組織でも同じですよね。

ジャーマネ教育も重視しています。この2カ月くらいは4月にジャーマネになったひとのための勉強会をやっています。『まずルールを破れ――すぐれたマネージャーはここが違う』『あなたのチームは、機能していますか?』などの本を輪読する中でいろいろなことを学んでいく、ということをやっています。

――今後の課題は?

会社が取り組んでいるムーブメントを社会に広げていくことです。スタートアップや中小企業ではCFO(最高財務責任者)の役割を人工知能に置き換えていったほうがいい。そんな「人工知能CFO」を生み出して提供していく会社になりたい。そのためには、まだまだやるべきことがあります。

社員の働きやすさという点では、今の本社(五反田ファーストビル)は手狭になってきました。フロアが8~10階と地下1階に分かれているところも難点。もう5回も引っ越しをしているので、次に引っ越しをするときには長い間居続けられるような広めの場所を借りて、働きやすい環境をつくっていきます。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。