グーグルOB起業家の華麗なるエグジット 新世代リーダー 福山誠、上村康太

印刷
A
A

同社が運営するソーシャルランチの事業内容は、至ってシンプルだ。簡単に言えば、ランチタイムを利用して、異業種交流を深めるサービスである。

上村康太(うえむら・こうた)
シンクランチ副社長
1986年9月生まれ。大阪府出身。京都大学経済学部卒業。2009年4月、グーグルに入社し、広告営業を担当。2011年9月退社。同年10月、シンクランチ代表取締役副社長に就任。

仕組みはこうだ。まず、「いつものランチ仲間」がフェイスブック上でペアを組む。そして、いつどこで、ランチしたいと要望を書く。すると、ソーシャルランチ側から、「こんな相手とランチしてみては? 」という提案が届く。その相手に興味を持ったら、ランチ申請を送り、許可されれば、「ソーシャルランチ」が成立するという流れだ。

福山氏は、このビジネスアイデアをグーグルに入社する前、DeNAでアルバイトしていた学生時代に思いついた。

「学生にとっての昼ごはんって、ただお腹を満たすものでしかないけれど、社会人にとっての昼ごはんは打ち合わせや懇親のためのいわばコミュニケーションツール。この儀式が毎日、お昼に一斉に行われ、それがもはや“文化化”している。ここにインターネットサービスが食い込んだら面白いと思っていました」

すでにビジネスの原案は念頭にあったが、当時の日本ではフェイスブックが一般化しておらず、ランチ相手の実名や会社名を証明するツールがなかった。そのうえ、事業化する資金も知識もなく、アイデア実現は先送りするしかなかった。それに何と言っても、エンジニアなら誰でも憧れる、グーグルへの就職が決まっていたのだ。

グーグルを辞めることに後悔は?

2009年4月に入社したグーグルは、やはり理想的な職場だった。「不満に思っている人がまずいない会社」(福山氏)で、居心地は最高。入社早々活躍することもできた。

「営業マンが個々で、エクセルやパワーポイントをいじって商談用資料を作るのは非効率だなと思い、ボタン一つ押せば、データが出てきてパワーポイントに落とし込まれるシステムを開発しました。それは、グーグル全世界のオフィスで使われるようになりました」

相方の上村氏と出会ったのも、ここグーグルでだ。

「同期で部署も同じだったので、仲が良かった。そこで、福山に『こんなサービスを作ってみたんだ』とソーシャルランチのアルファ版を見せられて、面白そうだなと思いましたね」(上村氏)

プラットフォームとなるフェイスブックも普及してきた。ついては、なんとか事業化したい――二人はどちらが誘うともなく、起業するという結論に至った。そうは言っても、あのグーグルを辞めるのはもったいないとは思わなかったのか?

「正直、思いました(笑)。でも、ネットの世界は移り変わりが激しくて、今あるものもすぐなくなる世界。ずっとこの世界にいるからには、グーグルよりもっと険しいところに踏み出すことが必要だなと思っていました。やるなら20代の今だろうと」(上村氏)

次ページ「先が見えない=ヤバい」ではない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT