中国経済の「新常態(ニューノーマル)」

景気・経済観測(中国)

2013年1月18日、中国国家統計局が昨年10~12月期の実質GDP成長率を発表、結果は、前年同期比プラス7.9%であった(下図表)。

若干上振れた感はあるが、コンセンサスとほぼ同じ。2010年1~3月期をピークに減速基調にあった中国経済だが、昨年7~9月期の同プラス7.4%を底に、景気は緩やかながらも持ち直しに転じている。

回復は政策効果によるところが大きい

景気持ち直しの主因の一つは、個人消費の回復だ。日本で言えば小売売上高に相当する「社会消費品小売総額」の実質伸び率は、昨年7~9月期の前年同期比プラス12.5%から、昨年10~12月期にはプラス13.5%に上昇した(みずほ総合研究所推計値)。

雇用・所得が底堅く推移したことが、消費好調の背景にはある。例えば、昨年10~12月期も求人倍率は1倍を上回った。非熟練労働者を中心に労働供給は比較的タイトな状態にあるためだ。それを反映し、都市部、農村部ともに所得も高めの伸びを保った。生産や不動産市況の回復といった情報も流れ、消費者のマインドが改善、それが個人消費を加速させた。

次ページ自立的な回復力は弱い・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT