中国経済の「新常態(ニューノーマル)」

景気・経済観測(中国)

こうした環境下で、高い成長見通しに基づいて高水準の投資が継続されれば、中国版の「三つの過剰」がさらに深刻化する恐れがある。プラス7%の成長すらおぼつかなくなる可能性もある。ある中国人研究者は「身の丈に合わない成長を続けられるとの幻想を持つことは、長期低迷に陥った日本の轍を踏むことになる」と解説している。悲しい表現ではあるが、教訓として頷ける面がないわけではない。

日本企業も中国政府が受け入れようとしている「新常態」と、それを受け入れざるを得ない中国の内情を意識したうえで、中国ビジネスの将来像を描くことが求められよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。