中国経済の「新常態(ニューノーマル)」

景気・経済観測(中国)

こうした環境下で、高い成長見通しに基づいて高水準の投資が継続されれば、中国版の「三つの過剰」がさらに深刻化する恐れがある。プラス7%の成長すらおぼつかなくなる可能性もある。ある中国人研究者は「身の丈に合わない成長を続けられるとの幻想を持つことは、長期低迷に陥った日本の轍を踏むことになる」と解説している。悲しい表現ではあるが、教訓として頷ける面がないわけではない。

日本企業も中国政府が受け入れようとしている「新常態」と、それを受け入れざるを得ない中国の内情を意識したうえで、中国ビジネスの将来像を描くことが求められよう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。