映画だからできる、ギリギリのこと

「ストロベリーナイト」佐藤祐市監督に聞く

放送倫理なども含めて「これはいいの?」と、フジテレビのコンプライアンスを扱う部署とも相談しながら、映像を見せては「これはもうちょっと、こうなりませんか?」というような形でフィードバックを受けて。さらに直してはまた見せるというやり取りを何回も繰り返した。

この「ストロベリーナイト」という原作自体が、単純な殺人事件ではなく、もっとその裏にあるドロドロした汚いものをさらけ出している。だからそれをどこまでテレビの映像として見せられるのか。それが最初からの課題でした。

人間のドロドロした部分を描く

――原作を読んだ印象は?

とにかくエグい(笑)。人間のドロドロした部分を描き出している。事件の根底には、貧乏や暴力、性的虐待といった、ひどい環境があって、そういう所にいたからこそ、その事件を引き起こす人間が生まれてくるんだと。したがって、テレビだからといって、そこをソフトにやってしまったら何にもならない。人間がそういう汚いものも内包しているのだから、それはきちんと描かなければいけない。

――映画であれば、表現できないという枠がある程度取り払われるので、もっとエグさを出せるように思えるのですが。

映画版は、エグいことをやるよりも、連ドラでは描けなかった姫川という女性刑事のダークサイドを描きたかった。彼女の陰と陽の面がくっきりと現れてきて、姫川という人間の深みが増せばいいかなと。そこに挑戦したという感じですね。

(C)2013 フジテレビジョン 東宝

やはりここまでスペシャル、連ドラと積み重ねてきたからこそ、ここまで描けたと言える。よくぞここまで来れたな、と。最初に言ったことが現実になって、映画になって。本当にもう感無量です。もう、みなさんに感謝という感じですよ

次ページ続編はあるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。