アサヒビール、ブランド戦略に新境地

ドライの成功なぞり「クリアアサヒ」初の派生商品

そして、アサヒのブランド戦略にとって、もう一つ気になるのが小売りとの共同企画であるプライベートブランド(PB)商品への取り組みだ。ビール大手の一部は、セブン&アイグループなどにPBビールの提供に動いている。

小路社長は「PBを否定しないが発売予定はない。アサヒビールはナショナルブランド(NB)メーカーとして、全国どこでも購入ができるようにする責務がある。流通と協力するとしても、アサヒビールの商品を限定で販売してもらうなど留め型にとどめたい」と語った。

来年に消費増税を控え、贅沢品であるビール市場への悪影響が懸念される中、小路社長は「単に良い商品をつくれば売れる時代は終わった」との認識を示した。いかに強いブランドをつくり、育てていくか。アサヒビールの真価が問われている。

(タイトル下写真のモデルはアサヒビールキャンペーンガールの堀口ひかるさん、撮影:武政 秀明)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT