キリンブランドで世界制覇するつもりはない

キリンホールディングス社長 三宅占二

キリンブランドで世界制覇するつもりはない--キリンホールディングス社長 三宅占二

中期経営計画に掲げる2012年度の数値は売上高、営業利益ともに未達。昨年は、ブラジルのビール会社買収で財務内容も悪化した。柱の国内ビールは2年連続でアサヒビールにシェア首位の座を奪われている。そんな中、キリンホールディングスは4月に主要事業会社のトップ刷新という異例の人事を敢行、新たに船出した。勝算はあるのか。三宅占二社長に話を聞いた。

──社長に就任して3年目。当初、思い描いていた構想と比べて、現状をどう認識していますか。

大きなアウトラインや会社の方向性は、前社長の加藤壹康氏(現相談役)が06年につくっていた長期経営計画の「KV2015」だ。その枠組みがあったから産みの苦しみを味わわずに済んだ。しかし、社長というのは、なかなか落ち着いてやれるものではないと実感している。国内外の市場環境の変化は激しい。どう事業をアジャストするのかという難しさもある。社長3年目でも「慣れました」とはとても言えない。

──足下の業績への評価は。

業界全体の傾向だが、国内は当初の予想より、かなり厳しくなっている。各社とも昨年は東日本大震災で販促活動を控えたため、今期は昨年できなかった分の販促プロモーションもやり直さなくてはいけない。特に、昨年発売できなかった新商品も今年はしっかり根付かせるために、販促費をかけた。しかし、問題は費用に比べて期待したほどお客様に商品を買っていただけていないことだ。トップラインが伴っていない。

今後は、今年前半に実施した「一番搾り」の強化や、「のどごし〈生〉」のリニューアルといった先行投資分が、下期に効いてくることを期待したい。実際、8月からの主力ブランドは好調だ。計画の下方修正はすでに出している。その数値に到達できるように努力していきたい。

--4月にキリンビール、キリンビバレッジなど主要事業会社のトップを一新した人事には驚きました。あらためて、その狙いは。

思った以上に皆さんが驚かれたことに、こちらが逆に驚いた。何度も言うように、キリンビール、キリンビバレッジの前社長、松沢幸一氏と前田仁氏のパフォーマンスに不満があったということはいっさいないし、二人の功績は大きい。

 

次ページ事業会社トップを一新したワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT