コカ・コーラ、関東4社統合だけでは不十分

人員削減は不可避か、一段のボトラー再編にも現実味

「カンパーイ!!」

12月14日、東京・日本橋のマンダリンオリエンタル東京で開かれた緊急記者会見。日本コカ・コーラのダニエル・H・セイヤーCEOと関東のボトラー(日本コカ・コーラのフランチャイジー会社)4社の各CEOは、壇上で高らかにコカ・コーラの瓶を掲げた。

コカ・コーラセントラルジャパン、三国コカ・コーラボトリング、東京コカ・コーラボトリング、利根コカ・コーラボトリングの4社は13年7月に経営統合し、新会社「コカ・コーライーストジャパン」を設立する。

新会社の売上高は5700億円規模となり、ボトラーでは国内最大、世界第5位となる見込み。従業員7000人、10工場、営業所150ヶ所を抱える巨大ボトラーが誕生する。三国コカ・コーラ社は上場廃止となり、新会社は東証、名証に上場される予定だ。

低価格競争で疲弊

しかし、華やかな会場の光景とは裏腹に、「正念場はこれから」と業界関係者は厳しい視線を向ける。

「年々マーケット状況は厳しくなり、危機意識を持っていた」。三国コカ・コーラボトリングの椎名幹芳CEOは統合の背景をこう説明する。飲料の低価格競争は激しさを増し、値引きの原資となる販売促進費は、大きな負担となってボトラーにのしかかっている。販売数量が増えても利益がついていかないこともザラだ。

2012年、コカ・コーラ製品には「太陽のマテ茶」や「綾鷹」などのヒットがあったにもかかわらず、決算を発表しているコカ・コーラ セントラルジャパン、三国コカ・コーラボトリングの両社は販促費がかさみ、今12年12月期の決算は増収でありながらも営業減益での着地が濃厚だ。

次ページコカ・コーラシステムの限界
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。