たばこ一本足打法のJT、医薬・食品の実力

ドル箱事業の「次」は育つのか?

たばこ一本足打法のJT、医薬・食品事業の実力

日本たばこ産業(JT)--。その名が示すとおり、日本国内で独占的にたばこを製造(販売シェアは約6割)、海外でも英国ガラハーなど同業大手への積極的なM&A(企業の合併・買収)を仕掛け、たばこ市場で世界3位級のシェアを持つ。そのJTにとって今後の課題となるのが医薬や食品など、たばこ以外の分野の育成である。

医薬事業ではJTが研究開発を担い、製造販売は1998年に子会社化した鳥居薬品が担当している。食品事業では缶コーヒー「ROOTS」などの飲料を手掛けるほか、2008年に買収したテーブルマーク(旧加ト吉)を通じて冷凍食品を製造販売する。

医薬事業では、これまで育ててきた種が花開く可能性が出てきた。JTは8月28日、自社で創製した抗HIV薬「JTK−303」を含む配合錠が、導出先の米ギリアド・サイエンシズ社を通じて、米国での製造販売承認を取得したと発表した。

日本国内でも12年度中の製造販売承認申請を予定しており、承認取得後には、子会社の鳥居薬品が独占的に販売する契約を締結した。JTが自社開発した化合物が製造販売の承認を取得するのは「JTK−303」が初めてとなり、収益貢献への期待が膨らむ。

これに先駆ける8月27日、JTグループは食品事業でもテコ入れ策を打ち出した。子会社のテーブルマークが水産事業から12月メドに撤退すると発表。水産物の仕入れ価格が高騰する一方で国内の食品デフレ傾向が続いているため、末端の販売価格が上げられず、赤字の状況が続いていたという。

 

次ページたばこの将来を不安視する声
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。