たばこ一本足打法のJT、医薬・食品の実力

ドル箱事業の「次」は育つのか?

 

JTとしては医薬や食品などたばこ以外の分野にも、一定程度の力を注いでおく必要がある。ところが、12年3月期の医薬事業は売上収益474億円、営業損失135億円と赤字。食品事業も売上収益3594億円、営業利益20億円(営業利益率0.5%)と鳴かず飛ばずだ。

一方、たばこ事業は、直近2012年3月期(IFRS=国際会計基準)は、売上収益2兆円の約8割、営業利益4591億円の大半を稼ぐ“ドル箱”。医薬や食品がたばこを支える存在にまで育つのも、また時間と労力がかかる。結局のところは、「たばこ一本足打法」がしばらく続くことになりそうだ。

◆JTの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

 

(平松 さわみ =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。