増えるノンアルコール飲料 何歳からOK?

東洋経済1000人意識調査

増えるノンアルコール飲料 何歳からOKだと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

東洋経済1000人意識調査
未成年の摂取には抵抗ある人が多数
アルコール含有量が1%未満の飲料がノンアルコール飲料。ビール、ワイン、カクテルなど品ぞろえは増えており、飲めない人が飲み会に参加しやすいというメリットもある。ただ、未成年者が飲むことに対して抵抗を感じる人は多い。

 

 

ノンアルコール飲料の品ぞろえが増えています。あなたは、何歳からノンアルコール飲料を飲んで良いと思いますか。

 


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

人気記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。