増えるノンアルコール飲料 何歳からOK?

東洋経済1000人意識調査

増えるノンアルコール飲料 何歳からOKだと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

東洋経済1000人意識調査
未成年の摂取には抵抗ある人が多数
アルコール含有量が1%未満の飲料がノンアルコール飲料。ビール、ワイン、カクテルなど品ぞろえは増えており、飲めない人が飲み会に参加しやすいというメリットもある。ただ、未成年者が飲むことに対して抵抗を感じる人は多い。

 

 

ノンアルコール飲料の品ぞろえが増えています。あなたは、何歳からノンアルコール飲料を飲んで良いと思いますか。

 


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。