増えるノンアルコール飲料 何歳からOK?

東洋経済1000人意識調査

増えるノンアルコール飲料 何歳からOKだと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

東洋経済1000人意識調査
未成年の摂取には抵抗ある人が多数
アルコール含有量が1%未満の飲料がノンアルコール飲料。ビール、ワイン、カクテルなど品ぞろえは増えており、飲めない人が飲み会に参加しやすいというメリットもある。ただ、未成年者が飲むことに対して抵抗を感じる人は多い。

 

 

ノンアルコール飲料の品ぞろえが増えています。あなたは、何歳からノンアルコール飲料を飲んで良いと思いますか。

 


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。