増えるノンアルコール飲料 何歳からOK?

東洋経済1000人意識調査

増えるノンアルコール飲料 何歳からOKだと思いますか?--東洋経済1000人意識調査

東洋経済1000人意識調査
未成年の摂取には抵抗ある人が多数
アルコール含有量が1%未満の飲料がノンアルコール飲料。ビール、ワイン、カクテルなど品ぞろえは増えており、飲めない人が飲み会に参加しやすいというメリットもある。ただ、未成年者が飲むことに対して抵抗を感じる人は多い。

 

 

ノンアルコール飲料の品ぞろえが増えています。あなたは、何歳からノンアルコール飲料を飲んで良いと思いますか。

 


(編集部 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2012年10月20日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。