アサヒビール、ブランド戦略に新境地

ドライの成功なぞり「クリアアサヒ」初の派生商品

国内ビール大手の一角を占めるアサヒビール。持ち株会社アサヒグループホールディングスの中核として、圧倒的なブランド力を持つ「アサヒスーパードライ」を軸に、ビール類で国内シェア1位に君臨する。そのアサヒビールが商品戦略で新境地の開拓に挑んでいる。

アサヒビールは1月8日、東京・大手町の大手町ファーストスクエアで、2013年の事業方針説明会を開いた。昨年(12年)は前年比1.7%減に低迷したビール類の販売を、今年は若干プラスの0.5%増に回復を図り、新商品や営業体制の強化などに努める方針などが示された。

今回の説明会で目玉の一つとして発表されたのが、「第3のビール」や「新ジャンル」と呼ばれるビール類商品の主力ブランド「クリアアサヒ」シリーズの新商品「クリアアサヒ プライムリッチ」である。クリアアサヒをベースに、「最高級のコクとクリアな後味」をコンセプトとして、独自の製法を導入するとともに、アルコール分を6%に高めるなどの工夫を加えた。3月12日に全国一斉に発売する。

クリアアサヒは発売5年で1億ケースを突破

アサヒビール全体で見た商品戦略のポイントは、発売6年目を迎えたクリアアサヒが初めて「エクステンション商品」と呼ぶ派生商品を追加したことにある。クリアアサヒは昨年、累計販売が新ジャンルで初めて1億ケースを突破。各社からさまざまな商品ブランドが投入される混戦市場で定番ブランドに育った。

次ページローリスクハイリターン経営を狙う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT