アポの日程調整で失敗しない「5つの鉄則」

新入社員に伝えたい「バッティング」防止術

2.優先順位のグループ分けをせよ

オーソドックスなやり方は、優先順位の上から順にアポの申し込みをしつつ、各社から候補日を2~3ずつ出してもらって、重ならないように調整するといったやり方でしょう。第1優先グループ(A社、B社)と第2優先グループ(C社、D社、E社)に分けるというやり方もポピュラーです。

大手商社に勤務する町田智治(仮名)さんは、アポの希望日を、前半の3日を第1優先グループに、後半2日を第2優先グループに割り当てています。第1優先グループに対しては、「この3日間で都合がいい時間」という頼み方をし、第2優先グループの会社については、「木曜日の3時か4時はC社」「金曜日の朝いちはD社」といったある程度日程をしぼった頼み方をしています。事前に自分で仮のスケジュールをつくり、それに沿って日時の提示をしているそうです。いずれにせよ1週間を2つのパートに分けることで、アポがバッティングするリスクを減らせます。

一方、大手メーカーの佐藤雅恵(仮名)さんは、第1優先グループに対しては、どうしても会いたい旨を熱意で伝え、日程がすぐ確定しないのであれば、せめてNGの日を教えてほしいと頼むそうです。NGの日がわかったら、そこに第2グループのアポをいれていくという作戦です。もちろん、その間に第1グループのアポが決まれば、第2グループの候補日の幅は広げます。

まずは、バッティングを避けるための自分なりのルールを決めておくことが大切です。

ウソでもいいから別な理由を作る

3.日程変更を頼む時は相手のメンツをたてよ

周到に準備したつもりでも、アポのバッティングが避けられない時があります。たとえば、第1優先グループのA社の担当者に「急な出張が入ってしまった」「事故が発生した」といった緊急事態が起き、リスケ(日程の再調整)の提示がちょうどC社やD社のアポの時間といった偶然は少なくありません。A社の担当者にどうしても会いたい場合、D社のスケジュールを変更してもらうしかありません。こうした時は、どうすればいいのでしょうか。

「かっこ悪いけど、『ごめんなさい。この日はすでにアポが入っていたのを忘れていました』と謝ります」と話すのは、広告代理店の森下順(仮名)さん。いうまでもなく、アポイントで優先すべきはアポを申し込んだ順序。マナーとして後から決まったA社をD社より優先させるのは許されません。そこで、「実は、D社より先にアポをとっていた会社があった」というカタチにして、そちらを優先させるわけです。

逆に生命保険会社の高橋誠(仮名)さんは、具体的な理由は言う必要もないというのが持論。都合がつかなくなったことを丁重に謝った上で「スケジュール変更は可能ですか?」とお願いするそうです。

次ページ日時変更の理由は話すべき?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT