民進玉木氏「アベノミクスへの対案」を語ろう

「こども国債」発行で国民の未来に投資を

有馬:優秀な営業マンも、地道な営業もまだまだ足りませんね。

玉木:民進党がこれからやるべきことはシンプルなんです。国民の不安に向き合うことです。個人消費が伸びないのは将来が不安だからです。ではその根源はどこにあるのか。私は①老後の不安解消②「産み育てる、働く」をサポートする、の二つに集約されると思います。

玉木私案「こども国債」の発行も視野に

玉木氏が提唱する「20年償還のこども国債」の中身とは?

特に②については、私なりの構想があります。まず、現在の厚生労働省、文部科学省などを再編し、「人生の前半」(子育て、教育、転職なども含めた仕事関連)の政策を担う役所と「人生の後半」(年金、医療、介護)を担う役所に整理します。

そのうえで「人生の前半」部分に関する福祉政策の財源については、「こども国債」の発行でまかなってはどうかと考えています。具体的に言えば、財政法の公債発行対象経費の定義を見直して教育・子育て政策のために使う人材育成目的国債を発行するのです。つまり「建設国債」の「ひと」バージョンです。

建設国債は将来インフラが資産として残るから、という理由で、法律上認められた国の借金ですが、今の時代、借金してでも次世代に残す資産は、人材しかありません。

それに「こども国債」の発行による財源で子育て・教育の施策が充実でき、子ども数が増えれば、20年も経つと彼らは立派な「納税者」になります。ですから、例えば20年償還の「こども国債」を発行すれば、財政健全化にも矛盾しないのです。

家庭政策にかける予算は、スウェーデンはGDPの4%程度。OECDの平均が2~3%なのに対して、日本はたった1%程度しかありません。せめてOECD並みに予算を倍増すべきなのです。一方、人生の後半に必要な予算には、税財源をしっかり充てていけばいい。今後、こうした考え方について、党内外で積極的に情報発信していきたいと思います。

旧民主党から名前が変わりましたが、生活者の立場に立って、声をあげる。富裕層を敵に回すというのではなく、誰もが人生の中で直面する不安に寄り添いながら、政策にまとめ上げていけるのは、やはり民進党しかありません。再び増税が先送りされようとしていますが、今回の参議院選では「見送り分の2%の財源である約5兆円で、私達だったらこんな改革ができる。暮らしがこうよくなる」と訴えます。そして次の衆議院選挙では一段とメニューを充実させて、政権を奪取する魅力的な施策パッケージを示したいと思います。そのために全力を尽くします。

【有馬の目】記者が選ぶ「将来を託せる政治家」で、野党の中では断然トップ。初当選時から光っていたので、以来注目してきた。先見の明、発信力はピカ一。野党の今、与党政治の追及に鋭いが、それをそのまま与党になって実現して欲しいと願うばかりだ。

(写真:尾形 文繁 構成:福井 純)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT