12年12月によく読まれた記事は? 年忘れ特別企画 ランキングで振り返る2012年

拡大
縮小
2012年も残りわずか。シャープやパナソニックの苦境、iPhone5の登場、中国の反日デモ、そして政権交代――。今年もさまざまな出来事がありました。心身ともに気持ちをリフレッシュして新たな年を迎える前に、今年を総括したいものです。そこで、年忘れ特別企画として、今年、「東洋経済オンライン」で読まれた記事を月ごとのランキング形式で紹介しながら、2012年を振り返ってみましょう。最後は12月。日産「リーフ」の記事を筆頭に自動車関連の記事が多く読まれました。
(撮影:山内信也)

 

2012年12月 東洋経済オンライン アクセスランキング

(タイトル名をクリックすると各記事を読むことができます<東洋経済オンラインサイト上のみ>、カッコ内は配信日)

1位 日産のEV「リーフ」が売れないワケ(11月20日)

2位 ホンダが「アクア」独走に待った(11月13日)

3位 ソニーをダメにした、「派手な成功」狙い(11月21日)

4位 存続なるか 日の丸造船業(12月6日)

5位 スズキのドル箱・ワゴンRにまさかの展開(12月7日)

6位 ウォルマート流は通じず、西友がPB刷新(12月5日)

7位  “体育会系”居酒屋では勝ち残れない(12月20日)

8位 日産の北米戦略車、陰で泣いた部品メーカー(12月12日)

9位 シャープの失敗が映すニッポン電機の急所(11月19日)

10位 検証・三光汽船 2度目の破綻の真相(12月4日)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT