英タイムズ紙、紙面で「EU残留」を支持

改革に向け残留した方が望ましい

 6月17日、英タイムズ紙は18日付1面でEU残留を支持する記事を掲載することが分かった。写真は16日、マンチェスターで行われた残留支持イベントの出席者(2016年 ロイター/Phil Noble) *18日配信の記事で、写真を差し替えて再送します。

[ロンドン 17日 ロイター] - 英タイムズ紙は18日付1面で欧州連合(EU)残留を支持する記事を掲載することが、電子メール版で明らかとなった。

それによると「なぜ残留が英国に最善か」と題する記事で「総じてはわれわれはEUを離脱するよりも、改革に向け残留した方が望ましいと信じる」とした。

13日には大衆紙サンがEU離脱への支持を表明している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。