英国EU離脱で「リーマン並み超円高」は本当か

23日の国民投票が徐々に近づいてきた

EU離脱なら超円高は本当か(英国日立工場でEU残留をアピールするオズボーン財務相(左)/ロイター/アフロ)

やはり、というべきか、金融市場の動揺はまだ収まってはいない。6月17日の日経平均株価は前日比165円高の1万5599円で取引を終えた。だが英国のEU(欧州連合)離脱問題(Brexit、Britain(英国)とExit(出口)が組み合わされた造語)への懸念が意識され、午後はむしろ下落した。

16日に「EU残留」を支持する英国の野党議員が襲撃を受けて亡くなったことから、23日の国民投票に対するセンチメントが変化したとの見方はあるが、引き続き予断を許さない状況だ。

もし英国が本当にEUを離脱したら?

この緊急特集の一覧はこちら

英国の「EU離脱」の是非を問う国民投票は、5月あたりまで市場ではほとんど意識されていなかった。「EU残留(世界経済にポジティブ)」が市場コンセンサス(予想)となっており、ほとんど誰も「EU離脱(世界経済にネガティブ)」を想定していなかったわけだ。

だが楽観ムードが漂っていたなか、突如英世論調査で「EU離脱」が優勢と伝わったことから、市場は強烈な冷や水を浴びる格好となった。人間同様、市場も想定外の出来事には弱い。

「世論調査はあまり当てにならない」との指摘もなお少なくない。また、英国のブックメーカーでは「EU離脱」のオッズが低下(可能性が高まっているから)していたが、ユーロ2016(欧州で1カ月間開催されるサッカーの一大イベント)開催を受けて、ブックメーカーはEU離脱問題にあまり力を入れていないとの声も聞かれる。

筆者は、はやくも7月辺りになると「あの警戒ムードはなんだったの?」といった状況になるのではと、密かに考えている。だが、英国が実際に「EU離脱」となればどうなるのか、いろいろと想定してみた。

次ページポンドやユーロがただ売られるだけでは済まない?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。