英国がEU離脱なら「世界恐慌」の引き金に?

勢い増す「離脱派」、日本企業にとっても脅威

キャメロン英首相は「英国はEUに残留すべき」と必死に訴える(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

6月23日。世界は大きな転換点を迎えるのかもしれない。

「Brexit(ブレグジット)」つまり「英国のEU(欧州連合)離脱」の是非を問う英国民投票が、6月23日に行われるからだ。

英世論調査会社YouGovが6月1〜3日に実施した調査では、離脱支持が45%と、残留支持の41%を上回る。

離脱派がここにきて勢いを増しており、予断を許さない状況が続く。

「われわれが望む変化を実現させる方法はただ一つ。EU離脱に票を投じることだ」。離脱支持派の急先鋒であるボリス・ジョンソン前ロンドン市長はそう訴える。

だが、同氏の弟、ジョー・ジョンソン氏は、大学・科学担当相として政権を支える立場。残留支持でキャメロン首相と足並みをそろえる。

EUから飛び出れば貿易は減少へ

キャメロン政権は残留に票を投じるよう、国民に呼びかけている。主張の根拠としているのは、EU離脱に伴う経済的損失の大きさだ。

英国にとって、最大の輸出相手国・地域はEUで、そのシェアは40%を超えている。英国がEUから飛び出てしまえば関税障壁に直面する。EU域外の国々との自由貿易交渉も難しく、貿易量の減少をもたらしてしまう。

次ページ日本企業への影響は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。