英国がEU離脱なら「世界恐慌」の引き金に?

勢い増す「離脱派」、日本企業にとっても脅威

キャメロン英首相は「英国はEUに残留すべき」と必死に訴える(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

6月23日。世界は大きな転換点を迎えるのかもしれない。

「Brexit(ブレグジット)」つまり「英国のEU(欧州連合)離脱」の是非を問う英国民投票が、6月23日に行われるからだ。

英世論調査会社YouGovが6月1〜3日に実施した調査では、離脱支持が45%と、残留支持の41%を上回る。

離脱派がここにきて勢いを増しており、予断を許さない状況が続く。

「われわれが望む変化を実現させる方法はただ一つ。EU離脱に票を投じることだ」。離脱支持派の急先鋒であるボリス・ジョンソン前ロンドン市長はそう訴える。

だが、同氏の弟、ジョー・ジョンソン氏は、大学・科学担当相として政権を支える立場。残留支持でキャメロン首相と足並みをそろえる。

EUから飛び出れば貿易は減少へ

キャメロン政権は残留に票を投じるよう、国民に呼びかけている。主張の根拠としているのは、EU離脱に伴う経済的損失の大きさだ。

英国にとって、最大の輸出相手国・地域はEUで、そのシェアは40%を超えている。英国がEUから飛び出てしまえば関税障壁に直面する。EU域外の国々との自由貿易交渉も難しく、貿易量の減少をもたらしてしまう。

次ページ日本企業への影響は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT