ドコモ新社長、まさかの「人工知能推し」

「ショルダーフォン兄弟」の弟が、未来を語る

吉澤新社長は会見で、AIの取り組みについてかなり熱く語った(撮影:尾形文繁)

あたかもNTTドコモの将来が、AI(人工知能)にかかっているかのような言いぶりだった――。6月16日、携帯最大手のドコモ社長が、加藤薰氏(64)から吉澤和弘氏(60)に交代した。吉澤新社長の社内での人物評は「無色透明で何色にも染まるが、決して譲らない頑固な一面も持つ」、「耳が大きく、人の話を何時間でも聞く」などだ。

加藤前社長と吉澤新社長はドコモ設立以前からの盟友で、携帯電話の黎明期に、「ショルダーフォン101型」(車外兼用型自動車電話で重量3キログラム。発売は1985年)や「TZ-802型」(同900グラム。1987年発売)の開発を手掛けた。「当時、私が課長、吉澤が係長で、二人三脚でいろいろ頑張った」(加藤氏)。日本の携帯電話の歴史は2人で切り開いたという自負がある。2人とも工学部出身の技術者で、いわば「ショルダーフォン兄弟」。年長の加藤氏が兄、吉澤氏が弟といったところだ。

AIで差別化を図っていく

6月16日の新社長就任会見で配布された資料はわずか1枚。それも半ページ分の図が書かれているだけの資料だったが、そこに堂々と「AI」の文字が躍っていた。吉澤社長は資料を基に、AIについて語り、クラウドやIoT(モノのインターネット)との関連を滔々と語った。

「AIのデバイスはスマートフォン。スマホが口(翻訳機能)、耳(音声認識)、目(画像認識)、さらには心だ。生活に溶け込むパーソナル・エージェントを実現したい」(吉澤社長)。特に強調したのが「心」である。

ドコモの独自コンテンツを集めた「iモード」の時代から展開し、画面上で各種サービスを提案するコンシェルジュ機能を強化。ユーザーが何をしたいかなど「行動の先読み」をAIで行い、その行動のために必要な情報を提供するという。「ただ単にAI機能がスマホ上にある、というものではなく、ユーザーとともに行動し、ユーザーを助ける。こうしたユーザーの心を読む機能で、他社と差別化を図っていきたい」(吉澤社長)。

次ページ「ドコモをオープンな会社にしたい」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT