ドコモは営業益8000億円の呪縛を解けるか?

中期計画を1年前倒しで超過達成の見通し

携帯業界トップのドコモは、長きにわたった低迷を脱することができるのか(撮影:今井康一)

「就任4期目にして初の増収増益であります」。NTTドコモの加藤薰社長はそう言うと、ホッとした安堵の表情を見せた。

加藤社長がトップに就任したのは2012年6月。今回は初の増収増益決算だ(前回の増収・営業増益は2012年3月期。2013年3月期は増収減益。2014年3月期と2015年3月期は減収減益)。冒頭で熊本地震について神妙な面持ちで語ったときを除いて、終始笑顔だった。

主力の通信、周辺事業も好調だった

ドコモの2016年3月期決算は、営業収益が前期比3.3%増の4兆5270億円、営業利益は同22.5%増の7830億円だった。主事業の通信事業が順調だったほか、コンテンツサービスや通販子会社などを含むスマートライフ領域も事業柱として育ってきた。

通信事業は728億円増益の7089億円。契約純増数が前期比3割増の437万契約と順調だった。MNP(番号持ち運び制度)による流出も10万契約と前期比で7割減った(前期は38万件減少)ほか、解約率が0.62%(同0.61%)と低水準を維持した。販売台数は新規が29%増の1161万台、機種変更を含めた総販売台数は10%増の2606万台だった。

スマートライフ領域は、前期比455億円増益の787億円で、計画を87億円上回った(前期に計上した、スマホ向けテレビ局のNOTTV事業を手掛けるmmbiの巨額減損を除いたベース)。dマガジン(雑誌読み放題)などのコンテンツサービスや、セキュリティサービス、端末の補償サービスなども順調に伸びた。第4四半期にmmbiの違約金やその他子会社の減損を計上しているが、それを除けば568億円増益の900億円だった。

これらのほか、2200億円を見込んでいたコスト削減(前期実績1200億円)が200億円超過の2400億円削減となった。

次ページ長年、営業利益は停滞してきたが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT