ドコモ加藤社長が退任、「敗戦処理」の4年間

後任は「ショルダーフォン兄弟」の弟、吉澤氏

ドコモ加藤社長は4年で退任。山田前社長とほぼ同じタイミングだ(撮影:梅谷秀司)

5月13日、携帯最大手のNTTドコモが社長交代を発表した。6月16日開催予定の株主総会後の取締役会での決議を経て、吉澤和弘副社長(60)が社長に就任、加藤薰社長(64)は取締役相談役に就任する。

吉澤新社長は岩手大学工学部出身。1979年に入社したのはNTTだが、ドコモ設立時からドコモに在籍していたという意味で、初のプロパー社長である。近年はコスト構造改革の責任者として、マーケティング費用や通信設備の効率化などを主導していた。

数々の「敗戦処理」に追われた

2013年秋に初めてiPhone5sを導入した。加藤社長は持ち前の明るさで、難局を乗り切ってきた(撮影:尾形文繁)

加藤社長は2012年6月に就任。ドコモの社長任期は2年だが、「2期4年」というのが慣例で「今年は社長交代の年」とみられてきた。山田隆持前社長も退任後に取締役相談役に就任しており、加藤社長の相談役就任は順当と言える。

業績面では、加藤時代は1勝3敗。2013年3月期~2015年3月期まで営業減益を続け、最終年度の2016年3月期にようやく増益に転じた。前任の山田時代が4期連続増益の4勝0敗だったのとは対照的だが、今期も大幅増益を見込むなど、V字回復の道筋を示した後の退任となった。

山田前社長が生んだ負の遺産は多く、加藤社長はその処理に追われる4年間だった。

次ページ就任当初を振り返ると?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT