ドコモ加藤前社長「ようやく脱獄できました」

苦難の連続だった4年間

――自己株取得が株主還元だという説明があったが、還元された実感がない。自己株取得する資金は増配に向ければいいのでは。

佐藤啓孝常務(CFO):株主還元の強化は経営の重要課題。自己株取得が株数を小さくしてEPS(1株当たり利益)を上げることは株主還元の強化になる。一方で、配当は安定的に上げていきたい。配当のメドを決めてはいない。キャッシュフローを見ながら、株主の声も参考にしながら、還元強化に努めていきたい。

――座って受け答えをするのは、他の株主総会に比べて雑ではないか。(「そのとおり」と別の株主の声)。企業はアピールするのが大事。立ってアピールしてほしい。座っていては見えない。

加藤社長:「今年から座って対応し、株主の方にも座って質問いただくことにした」と先ほどご説明したとおり。例年は議長の両脇に回答する者を立たせて回答していたが、何か形式張っていないかと。リハーサルしてみて「このほうがフランクで率直なコミュニケーションができる」と判断した。

――開始15分前に並んだのに、会場に入ったらもう始まっていた。

谷誠取締役総務部長:できるだけスムーズに運営しようと思っているが、申し訳ございません。次回はこのようなことがないようにしたい。(質問者から「がんばってな」の声)。

MVNOをよく知らない株主も

――緊張感を持って、株主総会は法に則って運営されなければならない。後ろに事務局があり、弁護士は来ているのか。

谷取締役:おっしゃるとおり、総会は適法に運営しなければならない。それで弁護士に来ていただいている。(役員の)後ろに座っているのは事実。

自身のフィーチャーフォンを取り出し、日本の携帯電話のよさを語った加藤社長

――NTTコミュニケーションズのSIMカードを、ヤマダ電機で買った端末に挿して使っている。これだとカケホーダイの割安な料金体系が適用されないと聞いた。どういうことか。

阿佐見弘恭常務経営企画部長:MVNO(仮想移動体通信事業者、ドコモなどの通信網を借りて通信サービスを提供する事業者のこと)には色々なバリエーションのネットワークを提供している。かけ放題のプランを提供しているMVNO事業者も存在する。

――ドコモが邪魔をしているのではなく、NTTコミュニケーションズがカケホーダイプランを作ることも可能と言うことか。

阿佐見常務:そのとおりでございます。

次ページドコモの株価下落リスクは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT