iPhoneの進化、立ち止まってはいなかった

アップルが披露した「OS戦略」の全貌

アップルはスマートホーム向けのプラットホームである「HomeKit」を披露してから、長らく大きな動きがなかった。しかしiOS 10で、標準アプリに「Home」が追加され、HomeKitに対応したデバイスを包括的に管理することができる環境を整えた。

スマートホーム対応製品の立ち上がりを待つフェーズを長らく経験してきたことになるが、これは、アップルが、プラットホームとしてのモバイルデバイスとソフトウエア以外のデバイスに関与するつもりがないことの裏返しだ。

その点で、Nestを買収し、「Google Home」(関連記事)というデバイスをリリースしたグーグルとは異なる立場を取っている。アップルは基本的な体験を提供するが、そこから先は、デバイスやアプリなどの開発者がいなければ、ライフスタイルを作り出すことができない、というアイデアが共有されている。

スマートホームの場合、これまで、ガレージのドア、空調用サーモスタット、ドアの鍵、自動カーテン、セキュリティシステム、ライトなどに対応してきたが、新たにセキュリティカメラ、ドアホン、空気清浄機、加湿器をサポートした。家にまつわるより多くのオートメーションをサポートし、満を持しての「Home」アプリの登場である。

Homeアプリでは、対応している個別のデバイスのコントロールに加えて、朝、夜といったシーンを作ることができる。すなわち、別々に存在しているデバイスを一括設定するためのプリセットだ。部屋を設定したり、時間によって自動的に作動させるコントロールもできる。

HomeKitデバイスを包括管理できるHomeアプリの登場に加えて、Siriやアップル TVの活用も可能となった。

たとえばSiriに「おはよう」と話しかけると、朝のプリセットを起動し、ライトをつけ、カーテンを開けてくれる。また、家族全員が出かけていて、家にモバイルのiOSデバイスがなくても、Apple TVがハブとなり、HomeKitデバイスのコントロールをサポートする。家から1キロ以内まで帰ってきたら、家の電気をつけ、空調をオンにする、といった設定も可能となる。

次ページmacOSにもSiriが登場!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT