iPhoneの進化、立ち止まってはいなかった

アップルが披露した「OS戦略」の全貌

iOS 10の新機能は10のトピックに分けて披露されたが、その中で最も観衆の喝采を集めたのが、メッセージアプリの強化だ。

アップルはこれまで、端末間の暗号化を施すセキュリティを重視したテキストメッセージサービス「iMessage」を提供してきた。iOS 10の登場に合わせて、よりコミュニケーションを快適に楽しむことができる機能を取り入れた。

表現豊かになったiMessage

「iMessage」の機能が増え、表現が豊かになる

まずはリッチリンク。これまでiMessageにURLが張り付けられると、そのアドレスがリンクとして表示されるだけだったが、リッチリンクによって、URLの先のウェブサイトのタイトルやサムネイル画像をメッセージの中に表示できるようになった。Apple Musicのようなコンテンツが共有された場合は、メッセージから移動せず、そのスレッドの中で再生できる。

テキストの表現力も強化されている。文字のサイズやアニメーション、全画面のアニメーション効果など、単なる文字の吹き出しよりも豊かな表現力を獲得した。また手書きメッセージや、写真やビデオへの落書き機能も搭載された。

絵文字のサイズは3倍の大きさになり、書いた文章を絵文字に変換する機能も用意された。加えて、LINEのようなスタンプ(ステッカー)機能も用意され、クリエーターがiMessage向けにスタンプを販売することもできるようになった。

また、iMessage対応アプリを開発することもできるようになった。アニメGIFや自分のアバター作成アプリを取り込んだり、「Square Cash」のような送金アプリでメッセージの相手にお金を送るといった活用が可能となった。これらは、「Facebook Messenger」がプラットホーム化しようとしている部分である。

厳密にはiMessageが特別なプラットホーム化したわけではなく、前述のとおり、iPhone向けアプリの機能をiMessageの中に呼び出す仕組みが作られただけだ。しかし、だからこそ、新たなプラットホーム化が必要なLINEやFacebookよりも、ユーザーにも開発者にとっても、よりシンプルな活用ができるため、有利になる。

次ページスマートホームにも本腰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT