iPhoneの進化、立ち止まってはいなかった

アップルが披露した「OS戦略」の全貌

iOS 10の新機能は10のトピックに分けて披露されたが、その中で最も観衆の喝采を集めたのが、メッセージアプリの強化だ。

アップルはこれまで、端末間の暗号化を施すセキュリティを重視したテキストメッセージサービス「iMessage」を提供してきた。iOS 10の登場に合わせて、よりコミュニケーションを快適に楽しむことができる機能を取り入れた。

表現豊かになったiMessage

「iMessage」の機能が増え、表現が豊かになる

まずはリッチリンク。これまでiMessageにURLが張り付けられると、そのアドレスがリンクとして表示されるだけだったが、リッチリンクによって、URLの先のウェブサイトのタイトルやサムネイル画像をメッセージの中に表示できるようになった。Apple Musicのようなコンテンツが共有された場合は、メッセージから移動せず、そのスレッドの中で再生できる。

テキストの表現力も強化されている。文字のサイズやアニメーション、全画面のアニメーション効果など、単なる文字の吹き出しよりも豊かな表現力を獲得した。また手書きメッセージや、写真やビデオへの落書き機能も搭載された。

絵文字のサイズは3倍の大きさになり、書いた文章を絵文字に変換する機能も用意された。加えて、LINEのようなスタンプ(ステッカー)機能も用意され、クリエーターがiMessage向けにスタンプを販売することもできるようになった。

また、iMessage対応アプリを開発することもできるようになった。アニメGIFや自分のアバター作成アプリを取り込んだり、「Square Cash」のような送金アプリでメッセージの相手にお金を送るといった活用が可能となった。これらは、「Facebook Messenger」がプラットホーム化しようとしている部分である。

厳密にはiMessageが特別なプラットホーム化したわけではなく、前述のとおり、iPhone向けアプリの機能をiMessageの中に呼び出す仕組みが作られただけだ。しかし、だからこそ、新たなプラットホーム化が必要なLINEやFacebookよりも、ユーザーにも開発者にとっても、よりシンプルな活用ができるため、有利になる。

次ページスマートホームにも本腰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。