マツダ「CX-4」の中国専売はもったいない

新型クロスオーバーSUVを徹底解剖

やはりそのデザイン性が最も強力なセールスポイント「MAZDA CX-4」

マツダは新型クロスオーバーSUV、CX-4を4月に開催した北京モーターショー2016でワールドプレミアした。ただし、中国で生産を行うモデルとなるため、日本への導入は当面予定にないという。

今、SUVが自動車における最もホットなキーワードに

BMWのX6が先鞭をつけたSUVとスポーティなクーペデザイン融合は、どうやら一過性のもではなく、グローバルブランドにおける新しいSUVカテゴリーを構築しそうだ。SUVスペシャリティの本家とも言うべきBMWは、X6の成功に続きX4を発表し、マーケットを開拓したパイオニアとしての存在感を不動のものにしている。

いっぽう、プレミアムブランドのライバル各社も黙って手をこまねいているだけではない。レクサスやメルセデス・ベンツ、ランドローバーなども、次々にSUVとクーペデザインを融合させたスタイリッシュなニューモデルを発表、発売しているのはすでにご存知のとおりである。

最近特にSUVに力を入れているメルセデスは、SUVを示すGLの名称の後にボディサイズを表すセダンと同様のC、E、Sのアルファベットを追加、一連のラインナップにおける車名変更を行った。これまでのGLKはGLCに、MLはGLEに、トップモデルのGLはGLSへと改称されたほか、先行するBMWに倣いクーペスタイルのSUVも新設定。こちらは極めてシンプルに、車名の後に“クーペ”のネーミングを加え、オリジナルラインのSUVと差別化を図っている。先頃開催されたニューヨーク モーターショーでは、GLEクーペに続き、そのシリーズ第2弾となるGLCクーペを発表したばかりである。

こうした例をあげつらうまでもなく、今、SUVが自動車における最もホットなキーワードになっている。そこで、マツダだ。CX-5とCX-3の発売で日本国内のSUV市場における確固たるポジションを獲得したマツダは、すでに大型の3列シートを備えたCX-9を北米やオーストラリア市場に投入。

次ページラインナップを完成させるモデル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。