マツダは本当にミニバンから撤退するのか

3列シート多人数乗りの位置づけを考える

マツダがミニバン3車種の生産を打ち切ると報じられている

マツダがミニバンから撤退へ――。

2月28日付の日本経済新聞などが報じたところによると、マツダは現在販売している「プレマシー(海外名マツダ5)」「MPV(マツダ8)」「ビアンテ」のミニバン3車種の生産について2017年をメドに打ち切り、次期モデルの開発も行わないという。

生産打ち切りは本当なのか

日本におけるミニバンはさまざまな形態があるが、3列シートで6~8人の多人数乗車が可能な車というのが一般的なとらえ方だ。この報道についてマツダ広報は「当社から発表したものではなく、将来の商品計画についてはお答えできない」としており、現時点で真偽のほどは定かではないものの、こうした報道が出ること自体、マツダにとってミニバンという車種の存在意義が薄れてきていることは否定できない。

「プレマシー(海外名マツダ5)」「MPV(マツダ8)」「ビアンテ」のミニバン3車種の生産を打ち切る

近年のマツダの車作りは、「スカイアクティブテクノロジー」と「魂動デザイン」の2つを核として、「走る歓び」を前面に押し出した戦略を取り、高い評価を受けている。日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、この4年間に「デミオ」「CX-5」「ロードスター」という3台がこの栄光に輝いている。

一方のミニバンは、走る喜びよりも利便性を追求した車種であり、どうしても車体は大きくなり、全幅の割に全高が高いので走りの面では不利となる。車両重量も重くなりがちでありつつ、ユーザーの燃費に対する要求も厳しいジャンルであり、運転の歓びを表現することは難しい。

次ページミニバンもOEM対応になるのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。