マツダは本当にミニバンから撤退するのか

3列シート多人数乗りの位置づけを考える

マツダがミニバン3車種の生産を打ち切ると報じられている

マツダがミニバンから撤退へ――。

2月28日付の日本経済新聞などが報じたところによると、マツダは現在販売している「プレマシー(海外名マツダ5)」「MPV(マツダ8)」「ビアンテ」のミニバン3車種の生産について2017年をメドに打ち切り、次期モデルの開発も行わないという。

生産打ち切りは本当なのか

日本におけるミニバンはさまざまな形態があるが、3列シートで6~8人の多人数乗車が可能な車というのが一般的なとらえ方だ。この報道についてマツダ広報は「当社から発表したものではなく、将来の商品計画についてはお答えできない」としており、現時点で真偽のほどは定かではないものの、こうした報道が出ること自体、マツダにとってミニバンという車種の存在意義が薄れてきていることは否定できない。

「プレマシー(海外名マツダ5)」「MPV(マツダ8)」「ビアンテ」のミニバン3車種の生産を打ち切る

近年のマツダの車作りは、「スカイアクティブテクノロジー」と「魂動デザイン」の2つを核として、「走る歓び」を前面に押し出した戦略を取り、高い評価を受けている。日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、この4年間に「デミオ」「CX-5」「ロードスター」という3台がこの栄光に輝いている。

一方のミニバンは、走る喜びよりも利便性を追求した車種であり、どうしても車体は大きくなり、全幅の割に全高が高いので走りの面では不利となる。車両重量も重くなりがちでありつつ、ユーザーの燃費に対する要求も厳しいジャンルであり、運転の歓びを表現することは難しい。

次ページミニバンもOEM対応になるのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT