ITが人間に牙をむく

ITのプロが警告する、日本企業の新たな病(下)

――どうバランスを取ったらいいでしょうか。

ダイエットに似ています。生活スタイルとか文化とか歴史、体質によってバラバラ。まず、大事なのは、自覚をするということです。経営論からいったら、戦略とか考える時間があったら、そもそもここで発生しているムダとか、体質の劣化という進行を止めないと。

今までのテクノロジーと一番違うのは、かなり急速にあっという間に広がり、まだ広がり続けていることです。自覚するヒマがなかったのかもしれない。でも、ついに個人レベルでもネット依存症などの問題が出てきました。私が言いたいのは、組織はネット依存症の個人以上に病んでいることです。ITのデメリットは、本社・管理部門が異常に強くなってしまったことです。

いつの間にか現場が儲からなくなった

――管理が強くなってもしょうがない。

しょうがないですよ。

――会社は現場が強くないと。

意味がない。価値創造と価値提供をする人のために、テクノロジーなりパワーが使われないといけないのに、その上にいて権力を持って、ITでパワーアップしてということになっている。やたら調査しろとか、報告しろとか。使いにくいシステムを本社主導でつくって。ITは不景気の中で、本社主導でコストカットするという流れにうまく乗った格好です。IT業界のマーケティングもうまく行きすぎた。

そして、いつの間にか、現場が儲からなくなりました。市場に対峙する価値を提供する人たち、価値を創造する人たちの発言力や能力が相対的に落ちて、コスト抑制によって業績を何とか保つ。

やたら、経営者が調べてこいとか言っているワケです。アホみたいに。大した決断もしていないくせに。管理したがるんですよ。非常に内向きで縮小均衡の中で、非常に消極的なムードとか、あるいは経営者の意図とか、そこで醸し出されるムードとかが、ITというツールとうまくリンクしてパワフルになりすぎちゃった。これは深い問題です。

次ページ現場の萎縮が始まった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング