ITが人間に牙をむく

ITのプロが警告する、日本企業の新たな病(下)

良質なアナログ時間の創出を

――IT企業の当事者としてはどうしていきますか。

当社のパッケージソフトのコンセプトは、良質なアナログ時間を創出するためにあります。すべてソフトウエアの中でコミュニケーションしたり情報共有したりするという前提に立っていない。それをコンセプトにしている。それが非常に支持されています。

これまでは、そうそうたる大企業の取引に入り込めなかった。大手のベンダーが道を塞いでいました。今後は事業家として最大のチャンスの時期になります。旧来のベンダーは「もっともっと使おう」としか言ってきませんでしたが、僕らがウケるのは、ユーザーもヤバいと思っているからです。  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。