安倍内閣、組閣のポイントはココだ

塩田潮の政治Live!

 

現行選挙制度での6回目の総選挙だったが、「大勝と惨敗」の最近の3回で、政権選択選挙という形が定着した感がある。

自民党と公明党に3分の2の議席を与え、参議院否決法案の衆議院での再可決・成立を容認するという選挙結果は、前回の安倍政権以来の「決められない政治」「無力政治」との決別に対する民意の強い意志と見るべきだろう。 

安倍次期首相は「決める政治を」と託された。選挙中から憲法改正、国益追求外交、脱デフレの安倍流経済政策など、独自路線を明確にしてきたが、政権担当後、ただちに行動を起こして突っ走るのか、それとも前回の政権担当時の反省から、来夏の参院選まで「安全運転」を心がけるのか。

占うカギは来週と見られる第2次安倍内閣の組閣人事だろう。

民主党政権の失敗は、自民党政権の負の遺産、霞が関の官僚機構、アメリカ、それに熱しやすくて冷めやすい移り気な国民という「4つの壁」を克服できなかったのが原因である。実は安倍政権も同じように4つの壁を背負う。消費税増税や原発問題などの民主党政権のツケ、霞が関、冷めやすい国民、それに安倍政権の場合はアメリカでなく、中国の壁だ。

安倍首相はそこを意識しながら組閣を進めることになる。消費税増税をめぐる3党合意、脱デフレ対策と財政再建で向かい合う財務省、対中関係、国民の期待のつなぎ止めがポイントだ。

前回は閣僚の不祥事続出に泣かされたが、入閣候補の身体検査は徹底させる。同時に財務相、経済財政相、外相には、麻生元首相、谷垣前総裁、高村副総裁といった重量級を配する。外向けには強硬派だが、内向けには融和型の安倍氏は、挙党態勢・派閥均衡で「自民党の総力」をアピールするとともに、政権の足元固めを図るつもりではないか。

最大の敵は「冷めやすい国民」だ。総選挙大勝でも、国民が見限り始めたら雪の下り坂の雪だるまというのは、民主党政権が証明している。勝ちすぎでいい気にならず、最初の半年は「安全運転」で、というのが基本スタンスと見る。安倍首相に妙手はあるのか。

(撮影 梅谷秀司)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT