安倍内閣、組閣のポイントはココだ

塩田潮の政治Live!

 

現行選挙制度での6回目の総選挙だったが、「大勝と惨敗」の最近の3回で、政権選択選挙という形が定着した感がある。

自民党と公明党に3分の2の議席を与え、参議院否決法案の衆議院での再可決・成立を容認するという選挙結果は、前回の安倍政権以来の「決められない政治」「無力政治」との決別に対する民意の強い意志と見るべきだろう。 

安倍次期首相は「決める政治を」と託された。選挙中から憲法改正、国益追求外交、脱デフレの安倍流経済政策など、独自路線を明確にしてきたが、政権担当後、ただちに行動を起こして突っ走るのか、それとも前回の政権担当時の反省から、来夏の参院選まで「安全運転」を心がけるのか。

占うカギは来週と見られる第2次安倍内閣の組閣人事だろう。

民主党政権の失敗は、自民党政権の負の遺産、霞が関の官僚機構、アメリカ、それに熱しやすくて冷めやすい移り気な国民という「4つの壁」を克服できなかったのが原因である。実は安倍政権も同じように4つの壁を背負う。消費税増税や原発問題などの民主党政権のツケ、霞が関、冷めやすい国民、それに安倍政権の場合はアメリカでなく、中国の壁だ。

安倍首相はそこを意識しながら組閣を進めることになる。消費税増税をめぐる3党合意、脱デフレ対策と財政再建で向かい合う財務省、対中関係、国民の期待のつなぎ止めがポイントだ。

前回は閣僚の不祥事続出に泣かされたが、入閣候補の身体検査は徹底させる。同時に財務相、経済財政相、外相には、麻生元首相、谷垣前総裁、高村副総裁といった重量級を配する。外向けには強硬派だが、内向けには融和型の安倍氏は、挙党態勢・派閥均衡で「自民党の総力」をアピールするとともに、政権の足元固めを図るつもりではないか。

最大の敵は「冷めやすい国民」だ。総選挙大勝でも、国民が見限り始めたら雪の下り坂の雪だるまというのは、民主党政権が証明している。勝ちすぎでいい気にならず、最初の半年は「安全運転」で、というのが基本スタンスと見る。安倍首相に妙手はあるのか。

(撮影 梅谷秀司)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。