巨人・電通が抱くO2Oの野望(下) O2Oで進化するマス広告

印刷
A
A

クーポンをもらえる時間を番組終了後10分までなどにしておくことで、録画ではなく生で視聴した人だけに特典を与えることができる。ここにももちろん、Passbookのクーポンを絡めるのが電通の戦略だ。

車やカーナビを活用してO2Oを実現するのがC2O2O(カー・ツー・オンライン・ツー・オフライン)だ。たとえば車で旅行中にカーナビの画面に周辺のおすすめ店舗情報が自動的に配信されたり、自分のスマートフォンと連動してその店舗のクーポンなどが取得できたりする。

電通の吉羽氏

吉羽氏は、未来のO2Oについて、プラスとマイナスの側面を大局的にとらえている。

「オンラインとオフラインの境目はより少なくなる。今までアナログでのコミュニケーションをしていたものが、どんどんデジタル化していくのは間違いない。すべてのコミュニケーションがリアルの現場も含めて、一直線上に乗っかってくる。人の行動を記録できる世界になってくる。

ただ一方で、自分の行動を記録されたくないと思っている消費者も大勢いる。技術的には可能だが、どこまでが“人に受け入れられるか”という視点でサービスを作っていかないと、技術倒れになってしまうだろう」

吉羽氏の指摘は重要だ。個の領域がデジタル化の流れで溶けていくとき、人はどこまで認めるのか。許せるのか。

技術と個の葛藤の中で、O2Oは進化していくのだろう。

(撮影:今井康一)

 

 

 

 

 

 

 

過去の連載が本になりました。『O2O新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社)として発売中。Kindle版などの電子書籍も展開開始。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT