中国、南シナ海めぐり「トラブルを恐れず」 

アジア安保会議が閉幕

 6月5日、中国軍の孫建国・連合参謀部副参謀長(写真)は、アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)の最終日に、南シナ海の領有権をめぐる問題で中国は「トラブルを恐れていない」と述べた(2016年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 5日 ロイター] - 中国軍の孫建国・連合参謀部副参謀長は、アジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)の最終日となる5日、南シナ海の領有権をめぐる問題で中国は「トラブルを恐れていない」と述べた。

孫氏は「われわれはトラブルを引き起こさないが、トラブルを恐れてはいない」と表明。南シナ海をめぐる仲裁裁判について「中国は仲裁結果の義務を負わないし、主権や安全保障上の利益に対するいかなる侵害も認めない。南シナ海に混乱をもたらす一部の国については意に介さない」と述べた。

カーター国防長官を含む米高官は4日、中国に対して国際的に孤立するリスクがあると警告するとともに、米国は向こう数十年間は引き続きアジアの安全保障の要になると表明した。

孫氏はこうした発言を念頭に、「われわれは過去や現在においても孤立していないし、将来も孤立はしない」と発言。「一部の人々や国々が依然として冷戦時代の考え方や先入観をもって中国をみていることを懸念している。彼らは心に壁をつくり、最終的に自らが孤立してしまうのではないか」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT