TPP法案、米議会での年内採決が絶望的なワケ

カギ握るクリントン候補の態度が微妙

クリントン氏はTPPについて表向き反対の姿勢を表明してきた。しかし一部識者の間では、国家の安全保障上の理由、すなわち台頭する中国を牽制するために、本音ではその実現を望んでいるとの見方もある。

そのため彼女が大統領選に勝ち、レームダック期間中にTPP法案が採決されれば、彼女は批判を受けずに望むものを手に入れることができる──。そうした見方もささやかれていたのだ。しかし、今となってはそれは単なる希望的観測だったといわざるをえない。

 彼女が、労働組合などにした、TPPに反対し続けるというすべての約束はどうなるのか。彼女は、2018年の中間選挙で議席を失うことに繋がりうるものに投票するよう、民主党員をどうやって説得するのだろうか。

この点について政府関係者の1人は「有権者は2年間で、そんなことは忘れるよ」と述べている。

だが、選挙公約の中には、候補者が最低でも実現に努めるか、その結果と向き合わねばならないものも存在する。今回の大統領選は1936年以来で初めて、通商問題が主要な論点となっている。共和党の候補者指名争いでドナルド・トランプ氏が躍進した背景には、同氏がTPPに反対した点があったのだ。

マコーネル氏の「夢物語」

マコーネル氏は「貿易促進権限は6年間あるから、次期大統領は協定をまとめることが可能な権限を持ったままだ」と主張。TPPを早期に実現しようとしたオバマ氏の姿勢は「単なる見えだ」と批判した。

ではオバマ氏に替わる次期大統領が、TPPの熱心な反対者たちを口説き、譲歩を導き出すことができるのか。その可能性は極めて低いはずである。

 TPPの承認は不可能ではないが、日ごとに難しくなっているのだ。

(週刊東洋経済5月28日号)

 

 


 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。