TPP法案、米議会での年内採決が絶望的なワケ

カギ握るクリントン候補の態度が微妙

ワシントンの米国議会。TPP批准はいつになるのか? (写真: Tanarch / PIXTA)

原文はこちら

米議会でのTPP(環太平洋経済連携協定)批准に向けたハードルが上がっている。上院院内総務を務める共和党の重鎮ミッチ・マコーネル氏と大統領選の民主党最有力候補であるヒラリー・クリントン氏が共に、TPP法案の審議について、11月の大統領選後から来年1月の新議会開会までのいわゆる「レームダック(死に体)」期間に行うとの見方を否定したためだ。

マコーネル氏はこれまでTPP法案の採決について、大統領選前という時期についてだけ否定していた。ただ農業関連メディアのインタビューでは下記のように述べ、レームダック期間を含む年内の採決にも否定的な見方を示した。「TPP法案を通すための政治的環境は、私が上院議員になってから最も悪い。年内の採決は絶望的だ」。

大統領選で誰が勝利しようと、TPP法案採決の時期を決める権限はマコーネル氏にある。彼はTPPの条項に重大な変更でもないかぎり、年内の採決については阻止するつもりだとほのめかしている。

クリントン氏のTPP反対は「建前」?

一方のクリントン氏も、労働組合などによるアンケートへの回答で、TPP法案についてこう述べた。「私は反対する。それは大統領選の前であろうと後であろうとだ」。これはレームダック期間中の採決に否定的な見方を示したことになる。

仮にクリントン氏が大統領選に勝てば、クリントン氏の意に反してTPPに賛成するつもりだった民主党員の多くも、次期大統領の邪魔をすることをためらうはずである。

次ページ今回の大統領選、TPP問題は非常に重い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。