ぐんぐん伸びる「観察眼がある子」の育て方

家庭内の簡単な習慣で大きく変わる!

その2:学校であったことを話してもらう

これは誘導していく必要があります。小学生であれば、子どもから話を積極的してきますが、中学生にもなると、だんだん子どもは親に話をしなくなってきます。しかしそのような状態になっても、聞きだしたり、尋問したりしてはいけません。それで子どもが積極的に話すことはあり得ないことでしょう。

そうではなく、軽く、軽く聞いていくのです。そして頷き、「そうなんだね」という程度の反応と、「どうしてそうなったの?」「それでどう思ったの?」「どうしようと思うの?」というようにWHYとHOWを効果的に使っていきましょう。そうすると、このようなやりとりをしているうちに、記憶として残っているパーツを引き出し、細部を説明することで、自分の行動や、過去の出来事を冷静に“観察する”習慣ができていきます。

徐々に気づきレベルを高めていく

その3:日常空間を適度に変えていく

意図的に日常生活の“何か”を微妙に変えて、気づきをクイズとして楽しむことです。部屋のインテリア、料理の味や種類、パターンなどを変えて、何が変化したかを楽しんでしまうのです。気づかないときに、なんで気づかないの!と感情的になってはいけません。気づくことが正解ではありません。あくまでも楽しんでいければよいのです。人の気づきレベルは一気に高まるということはありえません。徐々に高めていきましょう。

その4:家庭内のケンカや友達とのトラブル

これは一見、マイナスの現象なのですが、これも利用して観察眼を養ってしまいましょう。

喧嘩やトラブルのときは、人間は非常に感覚が敏感になっており、ある意味意識がハッキリと覚醒していますね。ですから、相手が何をした、何を言ったなどを詳しく覚えています。自分がやったことや言ったことは忘れているにもかかわらずです。

そこで、それを言葉で語らせて表現力を鍛えてしまいます。そのときに、「どういういきさつであったか?(ストーリー性)」「相手の何が悪いのか?自分は悪くないのか?(情報)」「どうしてそう思うのか?(分析)」「今後、どうしたいのか?(展望)」と、爆発的感情を冷静な論理の世界へと徐々に移行させ、その記憶を振り返ることで、自分の感情を“観察”し、行動を観察するようにします。少し時間はかかるかもしれませんが、とても有効なやり方です。

次ページ残りの1つとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。