ぐんぐん伸びる「観察眼がある子」の育て方

家庭内の簡単な習慣で大きく変わる!

その5:人間観察ゲーム(別名:マーケティングリサーチ・トレーニング)

親子で遊ぶ人間観察ゲームです。電車内でスマートフォンを見ている人以外は何をしているか?ガラケーを持っている人にはどのような特徴があるか? すべて自分の“勝手”な見方でいいのです。別に、論文を書いて発表するわけではないので。このように意識して、ある事柄にフォーカスして遊びましょう!人は何かにフォーカスしないとよくは観察しないですから、その機会を意識的に作るのです。

そして親子で「発表」し合いましょう。子どもはよく見ているもので、その観察眼には驚かされることが多いでしょう。また、車が渋滞にはまってイライラが募るとき、寝ることや車内搭載のテレビを見て過ごすのはもったいないことです。このようなときにこそ、観察ゲーム開始です。

「パターン認識」は重要な能力のひとつ

勉強の世界では、「パターン認識」は重要な能力のひとつです。つまり「同じ内容か、若干異なる内容か、まったく異なる内容か」ということを区別することです。まったく異なるパターンは誰にでもわかります。問題は若干異なるときにわかるかどうかなのです。

区別する力は、程度の差こそあれ誰にでも習得可能なことです。しかし、日頃、ワンパターンなことばかりやっていたり、知識を無機的に覚えていたりするだけでは、いつまでも習得できません。そこで、“微妙な違いを観る訓練”を日常にさりげなくいれていくと、それが習慣化されて、勉強の世界でも応用が利くようになっていきます。子どもの観察眼を養う過程で、親の観察眼も“ついでに”養われていくという効果があります。一石二鳥です。

何気ないいつもの風景に、思わぬ気づきがあり、日々の生活に潤いと張合い、そして楽しみが増えていきます。「なぜ今まで、気づかなかったのだろう?」と不思議に思うことでしょう。親子で、観察眼を日常生活でトレーニングすることは、勉強ができるようになるということにとどまらず、家庭生活に大きなプラスをもたらすことでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT