繰り返される「女の子2人で自殺」の背景

「支え合えず共倒れする」子どもを救えるか

思春期にある10代の子どもたちは、人生のなかでも最も危険なシーズンを生きている。

「思春期は人生のピンチです。生きることを考えるからこそ、死ぬことも考える。心の病の好発年齢(かかりやすい年齢)であり、最も生きづらさを抱えてしまう時期と言えます」(阪中さん)

死の不可逆性が曖昧になる時期がある

強いストレスにさらされ続けると、死生観の揺らぎが起こりやすい。子どもは小学校4年生ぐらいで死の観念を獲得すると言われている。さまざまな研究によると、10代の半ばになると「死んだら生き返らない」という死の不可逆性が曖昧になる時期があるそうだ。

それなのに、そのことを大人が認識できず、間違った接し方(ミストリートメント)で過度なストレスを与えていないだろうか。

「だから、おまえはダメ」と否定するのは無論のこと、「もっと強くならないと」「もっと積極的に」と短所を指摘し続けるのは「今のあなたでは満足できない」という親の本音をあぶり出す。

社会的に成功者である親に多いのは「次のテストで下がったら、君はおしまいだよ」と煽るタイプ。「子どもは一度不安にさせて、そこから這い上がらせればいい」と力説する教育者もいるが、最も簡単な方法だからこそリスクが高そうだ。過度に及べば「教育虐待」になりかねない。

「そのやり方で何とか頑張れる子は確かにいるでしょう。でも、私の実感としては、自分の心や体を傷つけることになってしまう子どもが増えているように思えます」と阪中さんも言う。思春期にある子どもの生態を、大人たちみんなが理解しなくては、子どもたちの命は守れないのではないか。学校が悪い、家庭が機能していないと責めても解決にはならない。

「誰であっても、百点満点の子育てなんてできません」(阪中さん)

では、思春期の子どもを持つ親たちは、どんなことに気をつければいいのだろう。生きづらさを抱えている子どもに対し、心から理解しようと思えば「言う言葉は減る」そうだ。

逆に、「こうなって欲しい」の思いが強ければ、「こうしたら?」「それはやめたほうがいい」などと指示命令に似た言葉が増えてしまう。そうなってしまうと、親子の信頼関係は崩れやすい。理解しようとする姿勢を見せることが、何より重要なのだ。

 阪中さんは言う。

「あなたを理解してくれる大人は必ずいるから、と言いたいですが、わが子であっても別の人格。親側も理解できると思わず、理解しようとすることが大事。あなたのことを教えてほしい。少しでもわかりたいんだよ、というメッセージを伝えてほしい」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。