活きのいい奴らは、石巻とバングラに向かう

藤原和博(その2)

藤原:だから今の20~30代が貧困だと言うけれど、ある時点で相続がドンと来る。少なくとも、日本で今暮らすときに、異常におカネがかかるのは住宅費だけでしょう。たとえ都市部であったとしても。

渡邉:そうですね。

藤原:住居費がタダなら、おカネはそんなにかからない。だから若い人たちは非常に合理的な選択をしている。私は、実家に寄生する、パラサイトすることは悪いと思わないの。むしろ当然だと思うんですよ。だって実家から外に出ただけで、6万円だ、8万円だ、と家賃がかかるのは日本ぐらいですから。

今シェアハウスがどんどん出てきているでしょう。シェアハウスは、ワンルームマンションからトイレ、バス、キッチンを切り出して共有にしているから、部屋がすごく広い。私はリビタという会社をすごく応援していて、その会社が原宿に、THE SHARE(ザ・シェア)という物件を持っている。原宿のど真ん中、原宿警察の目の前という立地なのに、家賃がリーズナブル。

シェアハウスがどんどんはやると同時に、ドーンと相続が起きて住居費がタダになれば、東京でさえもすごく住みやすくなりますよ。生活費もそんなにかからないし。コンビニで売っているラーメンもすごくおいしくなったしね(笑)。100円でほとんどのものが買えるでしょ。

渡邉:確かに。そうすると、バイトで月13万円ぐらい稼げば、普通にそこそこ暮らしていけるようになる。

藤原:そう。ただ、人間は「暮らしていく」こととは別に、ちょっとした貢献をして褒められたいという欲望がある。だから、財団をつくるとか、赤十字に入るとか、国境なき医師団に入るとか、そういうことではなくて、もっと地味なレベルで、社会貢献をする人たちが増えてくると思う。

渡邉:でも、そういう人ばかりになると、日本の国力が落ちてきませんか? 上を目指さない人ばかりが増えていくと、活気もなくなってしまう。

藤原:でも、上を目指す人というのは、グローバルで戦うエリートの人たちの話でしょう。だから、付加価値の高いエリアで、グローバルな勝負をする人がどれくらい日本にいるかですよね。渡邉さんは、どれくらいいると思う?

渡邉:全体的に、みんな上を目指さなくなっているというか、すごく保守的になっている。大企業、公務員志向が若い人ほど高い。雇用さえ安定していて、少し稼げればいいという人が、僕らの時代より増えているのは間違いないと思うんです。だから、グローバルを目指す人が減っている印象がすごくあるんですよね。

次ページ石巻、バングラに集うリーダーたち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT