のぼうの城ーー人間力の時代に


やがて、本城である小田原城が開城し、小田原城で篭城していた北条氏の氏長からの指示により、やむなく忍城も開城する。結果的に小田原城落城時まで持ちこたえた支城は忍城だけだったのである。“のぼう様”を野村萬斎が熱演するほか、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴らが城を守る侍大将を演じるなど俳優陣は堅い。

本作で城主長親の「人間力」が光る。これは今、ビジネスパーソンに最も必要とされる能力ではないだろうか特に、経済の構造改革が再度注目を集めてきているが、個人レベルでの改革も必要になってきている。それも単に資格を取ろうといったものではなく、総合的な人間の力(魅力)である「人間力」が注目を集めている。「人間力」の定義はさまざまあるが、筆者は①知識量、②コミュニケーション力、③自己管理力、さらに④哲学(生き方)があると考えている。これはまさに自分自身を企業と見た場合の経営戦略ともいえる。

特にこの忍城が、圧倒的な劣勢を持ちこたえたのは、城主長親の人間性にその解ある。特に②コミュニケーション力と③自己管理力、④哲学の部分が、人間性といえるのではないか。

確かに、①の知識量も仕事をするときには本当に大事であるが、それだけでは人間関係がうまくいかない。縦社会が強い会社では可能かもしれないが、人間性に問題があれば本当の仕事はできないし、生きていくこともできない。会社を辞めていく人の多くが、収入面ではなく、人間関係、すなわち人間性が原因となっていることが多いという。

  
本音で言えば、人を動かすのも最後はその人の「人間力」ということになるのではないか。一言でいえば、「嫌な奴のサポートはしたくない」ということ。

「情けは人の為ならず」という言葉がある。最近では、情けをかけるとそのかけられた人は甘えてしまい、その本人にとってよくないと考える方も多いようである。しかし、その本当の意味は、人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがては巡り巡って自分に返ってくる。人には親切にせよという教え、なのである。筆者も本当にそう思う。

筆者は、この人間力こそ学校の教育で小さい頃から教えるべきと思っている。その中でも、本当に大事なのは人間性と考えている。人間力、そして、人間性が日本全体で強まっていけば、日本の経済力がさらに強まっていくと考える。

実際、宿輪ゼミの生徒には、経済学の知識も大事だが「最後は人間性だ」ということを徹底的に指導している。

11月2日公開

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。