佐藤優(上)「死から逆算して生きよ」

「新世代リーダー」の作法

ほかにも、日本の教育には構造的な欠陥がある。理科系の人たちは、歴史や古典をほとんどわからないし、文科系の人は、数学がすってんてんの人が非常に多い。これは危ない。これほど異常にバランスが悪いのは日本ぐらいだ。韓国や中国でもここまでバランスは悪くないと思う。

日本に多いのは、ピンポイントで一定の分野は深く知っているけれども、あとは全然知らないという人だ。これでは応 用が全然利かない。しかもインターネットがその傾向を加速させている。インターネットの場合、自らが選択しているという形になるから、自分で理解できるも のか、共感できるものしか読まなくなる。

今のままだと、日本のエリートの劣化が止めどなく進む。そうした状況を打開するには、組織と折り合いをつけられるギリギリのところで、海外に留学するとか、何らかの自己実現を図っていくしかない。

上にいく人は、組織にどっぷり入る

組織を飛び出すと、一瞬のある短期間においては、上昇しているように見えることがある。しかし、人間は怠け者だから、長続きするのは難しい。組織というのは人を引き上げてくれるところがあるから、やっぱり重要だ。組織を敵と考えるのはよくない。

むしろ、組織をうまく利用することを考えるべきだ。

私だって、外務省という組織がなければ、ロシア語は身につかなかったし、政治エリートと付き合うこともできなかった。今はフリーランスにならざるをえなかったからなっている。そもそもフリーランスはまったくフリーじゃない。あくまで、制約の中における自由にすぎない。

組織に所属しながら、半分フリーランス的に生きることを考える人もいるが、組織というのはそんなに甘くない。そうしたケースは、どちらかというと組織にとって役に立たない人が、自然にはみ出していく形で起きる。

組織というのはすごく吸心力あるから、実力があって上に行こうとしている人は、どんどん中心に吸い寄せられていく。どこの国でも会社でも、上に行く人たちは、組織にどっぷり入っているし、出世する人は生え抜きの人が非常に多い。(続きは11月13日に公開します)

(撮影:尾形文繁)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT