iPhoneの「i」は、どうして小文字なのか?

1文字で変わるコミュニケーション

戦略3を解説する前に、以下をご覧ください。

「パーソナルコンピュータ→パソコン」「ホワイトシャツ→ワイシャツ」「割前勘定→ワリカン」「軍用手袋→軍手」「空オーケストラ→カラオケ」……もうおわかりですよね。例を見てわかるように「長い単語は略される」のが世の中の常です。

戦略3:短い

戦略3は、「短い」ことです。略語を見てわかる通り、だいたい4~5文字程度になっているものが多いはずです。

コミュニケーションにおいて、「短い」ということは非常に強い武器です。

iPhoneは発音すると「アイフォン」と4文字でちょうどいい短さです。先ほどのリズムに短さが加わると、名前の覚えやすさ、記憶しやすさはグンと増します。

名前や名称、コードネームなら4文字や5文字に、タイトルや説明文なら10文字程度を目安に考えましょう。短い言葉は武器です。短い言葉こそ正義です。

戦略4:王道単語を組み合わせている

iPhoneを因数分解すると「i」と「phone」に分かれます。

「i」はよく使われる単語です。英語の「I」は、I am …といった自分のことを話すときに使われますし、英語は最も使われる言語です。「phone」は電話で、もはや「水道」や「電気」と同じくらい意識することがあまりない「誰もが知っている常識的な単語」になります。

「誰でも知っている単語+誰でも知っている単語=新しい単語」は非常に強力です。「ブラック企業」「セクハラ」「朝シャン」などの単語も、こういった単語と単語の組み合わせから生まれた新しい単語です。

次ページ人に話したくなる「嘘」が生まれるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。