iPhoneの「i」は、どうして小文字なのか?

1文字で変わるコミュニケーション

戦略3を解説する前に、以下をご覧ください。

「パーソナルコンピュータ→パソコン」「ホワイトシャツ→ワイシャツ」「割前勘定→ワリカン」「軍用手袋→軍手」「空オーケストラ→カラオケ」……もうおわかりですよね。例を見てわかるように「長い単語は略される」のが世の中の常です。

戦略3:短い

戦略3は、「短い」ことです。略語を見てわかる通り、だいたい4~5文字程度になっているものが多いはずです。

コミュニケーションにおいて、「短い」ということは非常に強い武器です。

iPhoneは発音すると「アイフォン」と4文字でちょうどいい短さです。先ほどのリズムに短さが加わると、名前の覚えやすさ、記憶しやすさはグンと増します。

名前や名称、コードネームなら4文字や5文字に、タイトルや説明文なら10文字程度を目安に考えましょう。短い言葉は武器です。短い言葉こそ正義です。

戦略4:王道単語を組み合わせている

iPhoneを因数分解すると「i」と「phone」に分かれます。

「i」はよく使われる単語です。英語の「I」は、I am …といった自分のことを話すときに使われますし、英語は最も使われる言語です。「phone」は電話で、もはや「水道」や「電気」と同じくらい意識することがあまりない「誰もが知っている常識的な単語」になります。

「誰でも知っている単語+誰でも知っている単語=新しい単語」は非常に強力です。「ブラック企業」「セクハラ」「朝シャン」などの単語も、こういった単語と単語の組み合わせから生まれた新しい単語です。

次ページ人に話したくなる「嘘」が生まれるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。