iPhoneの「i」は、どうして小文字なのか?

1文字で変わるコミュニケーション

iPhoneがもし、「Iphone」だったら?(撮影:風間 仁一郎)
学生時代ずっと国語が赤点だったのに、あの電通にコピーライターとして採用され、今はYahoo!のブランドマネジメント室室長として「言葉」を武器に闘っている内田伸哉氏。
独自の研究で見出したテクニックを『ずるい日本語』(東洋経済新報社)にまとめた筆者に、「誰でも再現可能」な言葉の技術を解説してもらう。
第1回のテーマは「iPhone」。わずか数年で「世界でもっとも有名な言葉」のひとつに躍り出た理由を、コピーライティングの視点から解説する。

 

正しいだけでは伝わらない。国語万年赤点からコピーライターになった著者による、速く、強く、簡単に伝わるテクニック

今や知らない人を探すのが難しいくらい、「iPhone」という単語は私たちの日常に定着しました。iPhoneはなぜここまで広まったのでしょうか。

iPhoneが広まったのは、デザインや性能、ブランドなどを含めた複合的なブランド要素がその理由です。その中でも、「名前(ネーミング)」は重要なコミュニケーション戦略のひとつ。

2007年までは誰の頭にもなかった言葉が、誰もが知っている言葉になったのですから、たいしたものです。今では脳内にiPhoneという言葉がない人を探すほうが難しいでしょう。今日はそんな世界一有名な単語「iPhone」から、コミュニケーションの戦略を盗んでみましょう。

次ページ最初に「iPhone」を見て、何を感じましたか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。