iPhoneの「i」は、どうして小文字なのか?

1文字で変わるコミュニケーション

では、次の戦略を考えるために、以下の言葉を見てください。

「アイボン・ブルボン・アイコン・マイコン・ダイソン」――これらとiPhoneの共通点はなんでしょうか。

戦略2:口当たり

それは「口当たり」です。すべてiPhoneと同じようなリズムで言える単語ですね。

口当たりの良さの法則にはさまざまな例があります。iPhoneにおいては、「4文字である」「語尾が『ン』」という要素が重要なファクターになっています。

口当たりがよい言葉は、拡散されやすく、覚えられやすく、好印象を持たれやすいのです。

逆に口当たりがしっくりこないとなかなか広まりづらかったりします。iPhoneの記事を読んでいるとカタカナ表記で「アイフォン」と「アイフォーン」の2通りを見かけますが、最近は前者が増えてきている印象があります。これも口当たりのよさが影響しているのでしょう。

他に「5・7・5のリズム」「漢字4文字」など、口当たりの良いリズムというのは複数存在します。発音してみて「あ、言いやすな」と思ったら、「〇〇〇ンの、4文字で最後がンだと気持ちいいんだ」といったような自分なりの解釈を探してみると、新しい発見があると思います。

タイトルや名前、表題を考えるシーンがあったら、「リズムが気持ちいいか」という点を意識してみましょう。それだけでコミュニケーションの速度はグッと早まります。

次ページ「短い」は正義
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。