デキる投資家が実践する「時間分散」とは何か

若者だけの特典「長い投資期間」を生かそう

若いあなたには、ぜひ「長い投資期間」を生かす視点を身に付けてほしい(写真:EKAKI/PIXTA)
過去3回の連載で、「投資する資産とは何か」、「長期投資とは何か」、「分散投資とは何か」をみてきました。最後は「時間分散とは何か」をまとめることにします。

 

第1回:金融資産だけでなく自分への投資も大切です
第2回:20代で「金融資産1000万円以上」はこんな人
第3回:「分散投資」のポイントは卵の格言から学ぼう

「安く買って高く売る」がなぜ難しいか

まずは「時間分散」の意味を説明しましょう。投資は実は簡単なことだと言われます。単純に言えば「安く買って高く売れば儲かる」という理屈ですから、「安く買う」ことが肝心。「安くなったら買う」けれど「高くなったら買わない」ようにすればいいのですが、安い時がいつなのか、このタイミングがわからないのが投資の厄介で難しいところです。しかも人は欲張りなので、「もっと」安く、「もっと」高くと欲が出てしまい、さらに難しくしてしまいます。

そこで取り入れたいのが時間分散です。手法は簡単で、「決まったスケジュールで決まった金額を投資に振り向ける」。大きな金額を一度に投資するのではなく、投資をする金額を小口に分けて投資をする「タイミング(時間)」を分散するということです。こう考えると、たとえば給料日に1万円ずつ投資をすればできますよね。

次ページ投資を一定額にするメリット
関連記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。