家計の「資産と負債」をきちんと把握しよう

結婚するなら相手の負債チェックも忘れずに

月々の収入と支出に加えて資産と負債も把握しておかないと、真の家計の姿は見えてきません(写真:xiangtao/PIXTA)

結婚相手の条件として、収入は大事なもののひとつです。なんでもかんでも「おカネ」を物差しにするのはあまりいい感じはしませんけど、おカネがなかったら何もできないのも、厳然とした事実です。結婚して、子どもができて、毎月赤字続きでも、「貧しいながらも楽しいわが家」などと言っていられる人って、ほとんどいないと思います。

一定の収入があっても借金があれば話は別

この連載の一覧はこちら

たいてい、夫婦ゲンカはおカネ絡みから始まることが多いですし、ひどくなると離婚にまで発展してしまうケースもあるくらいです。特別、ぜいたくな暮らしを求める必要はありませんが、それでも子どもを育て、自分たちの老後の準備ができる程度の収入は欲しいところです。

結婚して、世帯年収が700万円になるとします。それだけあれば安心できますか? 生活していくためには、安定したキャッシュフローが必要です。会社勤めなら、毎月入ってくるお給料が、キャッシュフローに該当します。おそらく、世帯年収で700万円もあれば、普通の暮らしは十分できるでしょう。

ただし、借金が無ければ、の話です。

ここで問題になるのが、結婚相手が無用な借金を抱えていないかどうか、ということです。独身だった当時、男性が自分の趣味に際限なくおカネを費やす人で、数百万円の借金を抱えていたらどうでしょう。また女性がお買い物好きで、同じように数百万円の借金を抱えていたとします。でも、お互いに資産・負債の状況を相手に伝えないまま結婚したら、どうなるでしょうか。

次ページ何としてでも貯蓄はしましょう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT