「貯蓄」はシンプルな公式を守れば簡単です

作っておくと便利なキャッシュフロー表

キャッシュフロー表があると何かと便利。だが、人生は計画どおりにいかないもの。不測の事態があっても大丈夫なように、貯蓄はきちんとしておきたい(写真:もとくん/PIXTA)

会社というものは、たとえ決算が赤字であったとしても、キャッシュフローがあれば倒産しないと言われます。それは家計も同じで、キャッシュフローがしっかり確保されてさえいれば、基本的に自己破産することはありません。

「キャッシュフロー」と言うと、とても難しい会計用語のように聞こえますが、要は収入から支出を差し引いて手元に残る資金の流れを指します。家計に当てはめると、収入はお給料。支出は家賃や食費、その他の必要経費、になります。したがって、収入を増やすか、支出を抑えるかすれば、自然と貯蓄は増えていきます。当たり前すぎるくらい当たり前の話ですね。

ところが、この当たり前すぎるくらい当たり前のことを、皆が出来ているのかというと、これがなかなか出来ていない現実があります。

給料から貯蓄を引いた残金で生活を

この連載の一覧はこちら

皆、言いますよね。「そうは言っても、毎月家計が赤字続きで、貯蓄に回せるだけのおカネがない」ってね。

それはそうでしょう。

「収入-支出=貯蓄」

このような発想でいる限り、いつまで経っても貯蓄は増えません。なぜなら、人間の意志なんて、とっても弱いものだからです。つい、「今月は仕事を頑張ったから、自分にご褒美」なんて甘いことを考えて、ぜいたくしてしまうものですよ。

次ページ消費者金融からの借金に手を出さない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT