「貯蓄」はシンプルな公式を守れば簡単です

作っておくと便利なキャッシュフロー表

キャッシュフロー表があると何かと便利。だが、人生は計画どおりにいかないもの。不測の事態があっても大丈夫なように、貯蓄はきちんとしておきたい(写真:もとくん/PIXTA)

会社というものは、たとえ決算が赤字であったとしても、キャッシュフローがあれば倒産しないと言われます。それは家計も同じで、キャッシュフローがしっかり確保されてさえいれば、基本的に自己破産することはありません。

「キャッシュフロー」と言うと、とても難しい会計用語のように聞こえますが、要は収入から支出を差し引いて手元に残る資金の流れを指します。家計に当てはめると、収入はお給料。支出は家賃や食費、その他の必要経費、になります。したがって、収入を増やすか、支出を抑えるかすれば、自然と貯蓄は増えていきます。当たり前すぎるくらい当たり前の話ですね。

ところが、この当たり前すぎるくらい当たり前のことを、皆が出来ているのかというと、これがなかなか出来ていない現実があります。

給料から貯蓄を引いた残金で生活を

この連載の一覧はこちら

皆、言いますよね。「そうは言っても、毎月家計が赤字続きで、貯蓄に回せるだけのおカネがない」ってね。

それはそうでしょう。

「収入-支出=貯蓄」

このような発想でいる限り、いつまで経っても貯蓄は増えません。なぜなら、人間の意志なんて、とっても弱いものだからです。つい、「今月は仕事を頑張ったから、自分にご褒美」なんて甘いことを考えて、ぜいたくしてしまうものですよ。

次ページ消費者金融からの借金に手を出さない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。