ビル・ゲイツが次の大統領に望む唯一のこと

米国の成長は技術革新に委ねられている

米国の成長を支えてきたのは技術革新だとして、政府による研究開発支援の重要性を訴えるビル・ゲイツ氏 (写真:Joshua Roberts)

今回の大統領選挙は米国をうっとりさせている。数多くのコメンテーターが指摘したように、政策よりもパーソナリティーが注目を浴びている。各党は現在、指名候補を誰にするかに注力しているが、私としては、11月にすべての候補に同意して欲しいことを述べたい。それは技術革新に向けた米国の比類なき能力についてだ。

米国が技術革新に投資すれば、企業や雇用が創出されるとともに、米国人の健康や安全性も高まる。そして、世界で最も貧しい諸国で人命が守られ貧困が克服されることにも寄与する。次期大統領は技術革新への投資を通じて、米国をはじめとする世界の人々に資する機会を与えられるのだ。

米国は発明を続けてきた

もちろん、技術革新は今に始まったものではない。米国は過去2世紀余りにわたって発明を続けてきた。ベンジャミン・フランクリンやマーガレット・ナイト、トーマス・エジソンらを生んだ国なのだ。

第二次大戦終結までに米国は、自動車、航空、電機、製薬などの分野で世界を主導してきた。成功の方式もまた、複雑ではなかった。米政府が世界一流の調査機関へ資金支援を行ったことによって、米国の企業家たちは世界に新しいテクノロジーの数々をもたらすことができた。

現在は、かつてないほど多くの国々が世界で覇権を握るために競争している。こうした国々は技術革新の価値を理解している。2000年以降、韓国の研究開発費が国内総生産(GDP)に占める比率は90%上昇した。中国に至っては倍増させている。ただ、米国では基本的に横ばいだ。他国が技術革新に力を入れ、市場に参入するのは大いに歓迎すべきことだが、米国が主導的地位を保つには、より一層の努力が必要だ。

次ページアメリカが主導権を握るために必要なこと
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。