英語の会議で重宝する「5つの決めフレーズ」

外国人との打ち合わせ、あなたは大丈夫?

 会議の場では、I don’t know.と言ってしまうのは避けましょう(写真:Rawpixel / PIXTA)
英語でミーティングをする機会のあるビジネスパーソンはますます増えていますが、「マシンガンのように飛んでくるネイティブの発言を、すかさず撃ち返せる英語力」を磨くのは至難の業。
それでも、最低限のコツとフレーズを押さえておけば、ミーティングはスムーズに進められます。
会議の流れをコントロールする・議論をまとめるための英語を、『CD付 会社でよく使うミーティングのひと言英語フレーズ』の著者・大島さくら子氏が伝授します。

ミーティングのスタートは「このひと言」から!

海外の企業と仕事をする機会が増え、英語ミーティングの必要に迫られている人は増えていると思います。英語力に不安があって、緊張してしまう人も少なくないかもしれません。スムーズに乗り切るためにはどうしたらいいでしょうか。

これからご紹介する以下のポイントを押さえておくと、英語でのミーティングの成功度がぐっと違ってくるはずです。

まず最初にするべきこと。よくあるのは、参加者がそれぞれ雑談などをしている場面。そんなときは、全員の注目を集め、速やかに着席してもらうよう合図を送る必要があります。司会進行役を務めることになったら、以下の表現を使って気持ちよくミーティングを開始し、肯定的な雰囲気を作っていきましょう。

① Let’s get started. 「始めましょう」

ミーティング開始の第一声は、通常、Good morning, everyone.「みなさん、おはようございます」Hello, everyone.「みなさん、こんにちは」のようなあいさつです。フォーマルな会議では、May I have your attention, please?「ご注目いただけますか?」を用いてもいいでしょう。

次ページ討議中にかなり使えるきっかけフレーズ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT