英語の会議で重宝する「5つの決めフレーズ」

外国人との打ち合わせ、あなたは大丈夫?

 会議の場では、I don’t know.と言ってしまうのは避けましょう(写真:Rawpixel / PIXTA)
英語でミーティングをする機会のあるビジネスパーソンはますます増えていますが、「マシンガンのように飛んでくるネイティブの発言を、すかさず撃ち返せる英語力」を磨くのは至難の業。
それでも、最低限のコツとフレーズを押さえておけば、ミーティングはスムーズに進められます。
会議の流れをコントロールする・議論をまとめるための英語を、『CD付 会社でよく使うミーティングのひと言英語フレーズ』の著者・大島さくら子氏が伝授します。

ミーティングのスタートは「このひと言」から!

海外の企業と仕事をする機会が増え、英語ミーティングの必要に迫られている人は増えていると思います。英語力に不安があって、緊張してしまう人も少なくないかもしれません。スムーズに乗り切るためにはどうしたらいいでしょうか。

これからご紹介する以下のポイントを押さえておくと、英語でのミーティングの成功度がぐっと違ってくるはずです。

まず最初にするべきこと。よくあるのは、参加者がそれぞれ雑談などをしている場面。そんなときは、全員の注目を集め、速やかに着席してもらうよう合図を送る必要があります。司会進行役を務めることになったら、以下の表現を使って気持ちよくミーティングを開始し、肯定的な雰囲気を作っていきましょう。

① Let’s get started. 「始めましょう」

ミーティング開始の第一声は、通常、Good morning, everyone.「みなさん、おはようございます」Hello, everyone.「みなさん、こんにちは」のようなあいさつです。フォーマルな会議では、May I have your attention, please?「ご注目いただけますか?」を用いてもいいでしょう。

次ページ討議中にかなり使えるきっかけフレーズ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。